JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

オラ東京さ行くだ!日本一周一区切り【ミニベロ日本一周:栃木県宇都宮市-東京都台東区】

ミニベロ日本一周、記念すべき80日目!

すごいな、100日の大台が見えてきたゾイ。

北関東は見どころがなくて、内容が薄くなりがちね。

続きを読む

ついに関東入り!餃子の街『宇都宮』へ【ミニベロ日本一周:福島県白河市-栃木県宇都宮市】

ミニベロ日本一周、79日目!

今日も国道4号をひたすら南下!

明日には東京につくかな〜。

 

東北三名城『小峰城

昨日は眠すぎてその辺で寝たけど、朝起きてみるとかなり国道から目立つ。

f:id:parbone:20181218225709j:image

起きたのも遅めで、なかなか恥ずかしい・・・

 

雪がちらつく天気やけど、逆に体が冷えて快適。

順調に自転車を飛ばしてると、左側に城っぽいシルエットが見えた。

f:id:parbone:20181218225728j:image

「お?なんぞ?」と思って調べてると、どうやら『白河小峰城』なるお城らしい。

気分が良かったのでちょっち寄り道〜。

 

外周を走ってみると、なかなか立派な石垣である。

f:id:parbone:20181218225742j:image

お堀もしっかりしてるし、こりゃ期待大や!

 

入り口。

f:id:parbone:20181218225752j:image

二の丸から撮影。

f:id:parbone:20181218225801j:image

石垣が凄く立派!そんで天守閣ちっさ!!

でもかなりイカすお城やなぁ!

ちなみに、小峰城天守閣は三重のため、正確には「三重櫓」と言うらしい。

 

近くまで来ると、三重櫓のサイズがホンマに小さくて、なんかのテーマパークみたい。

f:id:parbone:20181218225825j:image

本丸からは、城下町を一望!

f:id:parbone:20181218225837j:image

城跡から城下町を眺めるの好きやわぁ!

城好きへの大いなる一歩を踏み出しそうや。

 

こちらは、三重櫓のすぐ隣にある『おとめ桜』。

f:id:parbone:20181218225902j:image

その昔、城の改修を行うときに人柱となった、「おとめ」という女性の悲運を哀しみ植えられたもの。

比較的新しい花が供えられてました。

 

肝心の三重櫓は、見学が9時半かららしくて、1時間ぐらい待たないと見れないため断念。

でも十分満足!いいお城やった!

 

足が重いぞ糞ったれ!

小峰城』をあとに、また国道へ。

道中、少し気になる看板を見つけた。

f:id:parbone:20181218225930j:image

なぜ郡山市へ県庁を移転するのか?

調べてみると、どうやら郡山市福島市より人口、経済、交通面で優位!

で、県庁は福島市より郡山市の方が便利よね、という話。

大体県庁所在地が一番栄えてるもんかと思ってたら、そうでもない例もあるんやね。

郡山市はいつの間にか通り過ぎちゃってたけど、もっとちゃんと見ときゃ良かったなぁ。

 

それはそうと、どうにも今日は足が回らない・・・

仕方ないので、ミニストップで休憩。

f:id:parbone:20181218230037j:image

昨日寝るの遅かったからかな?

まったく漕ぐ気が起きひんし、1時間ほど休憩を入れて再開じゃ!

頑張れ俺!

 

ついに関東地方へ突入!

ダラダラゆったりと走って、12時ちょい前に栃木県に入った!

f:id:parbone:20181218230058j:image

やっと東北を脱出して、ここから南は関東や〜。

f:id:parbone:20181218230113j:image

道は相変わらず山やけども。

 

山を下ると、道はかなり平坦に。

f:id:parbone:20181218230129j:image

こりゃ良いや!スイスイ走れらぁ!

それに、これくらいの時間になると元気も湧いてくるぜ!

 

宇都宮まで、残り32キロ!

f:id:parbone:20181218230144j:image

東京までは139キロ!今日は最低でも宇都宮まで行きたいなぁ。

 

北関東最大の都市『宇都宮』だっぺ!

「北関東最大」って、なんかズルい気がするのは俺だけかしら。

 

さて、やっとこさ宇都宮市街に入った。

f:id:parbone:20181218230326j:image

なんやろう、気温が東北より高いこともあって、凄い「関東感」を感じる。

町並みもなんとなく違って見える不思議。

 

とりあえず『JR 宇都宮駅』へ!

f:id:parbone:20181218230344j:image

デケェ!思ったよりデケェ!

f:id:parbone:20181218230359j:image

あれ?宇都宮って仙台より都会っぽいような?

バスの発着とか見てると、宇都宮のほうが活発。

でも人口密度は仙台のほうが多い印象。

 

ネットで「仙台 宇都宮 都会」とかって調べると、結構仙台と宇都宮を比較するページが多いのね。

皆思うことは一緒か。

 

宇都宮といえば餃子っすよね!!

いよおし!

宇都宮に来たら絶対餃子を食う!」と心に決めて早2ヶ月以上。

ずっと餃子を我慢しつづけて、今日やっと食える!

 

場所は、『JR 宇都宮駅』のすぐ前にある『宇都宮餃子 宇味家』。

f:id:parbone:20181218230533j:image

なんか危なそうな空気の漂う入り口。

f:id:parbone:20181218230550j:image

お店は2階。

f:id:parbone:20181218230608j:image

うーん、入りづらい・・・


入ってみると、カウンター4席・2人掛けテーブル1つ・4人座席1つの激狭店。

餃子・ハイボールセットとご飯・味噌汁セットを注文。

f:id:parbone:20181218230628j:image

うおおおおお!!

2ヶ月ぶりの餃子じゃあああ!!!

味はもちろん美味い!

めっちゃ美味い!餃子最高!!


でもまぁ、自分の舌では、いまいち「餃子の王将」の餃子と変わらんような・・・?

宇都宮でわざわざ食う必要もない気がしちゃった。王将のほうが安いし・・・

 

せっかくなら、変わり種餃子を食べた方が良かったかも。

 

本日の寝床『簗下中央公園』

宇都宮駅から2.4キロほどの『簗下中央公園』の東屋にテントで一泊。

f:id:parbone:20181219000253j:image

トイレもあるし東屋は三つ!

うち一つはちょっとした盛り土の上にあって人が来なさそうな感じ。

野宿には丁度ええ公園や!

 

明日はついに東京!

着いてもうたら日本一周を中断して、お金稼ぎに徹さないとアカン。

嫌やけど仕方ないなぁ。

まぁせっかくの東京やし、楽しもうかね。

 

f:id:parbone:20181219000405j:image

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

奥州街道ゲキ走りっすよ!【ミニベロ日本一周:福島県国見町-白河市】

ミニベロ日本一周、78日目!

ルートは昨日から、ずっと国道4号線(奥州街道)を走るだけ!

簡単でええね!

f:id:parbone:20181217221335j:image

 

福島市を軽く散策

本日も元気にスタートですわ!

山が軽く陰ってて、まるで水墨画みたい。

f:id:parbone:20181217221413j:image

 

この景色を松尾芭蕉も見たのかしら。

奥州街道を走ってると、甲州街道にも似た景色がチラホラあるのね。

f:id:parbone:20181217221406j:image

 

途中、『JR 福岡駅』があったので寄り道。

f:id:parbone:20181217221431j:image

うーん、なんもねぇや。

古関裕而のブロンズ像だけいい笑顔でした。

f:id:parbone:20181217221445j:image

 

福島市はそこそこ栄えてるんやけど、すぐ近くは自然が残ってて調和がええ感じや!

f:id:parbone:20181217221518j:image

 

もう福島ぐらいまで来ると、日中は特に暖かいのね。

匂いもまるで夏!最高かよ!

 

今日は夜が本番

別に見出し分けるほどの内容もないねんけど・・・

どんだけー!!!!!

f:id:parbone:20181217221618j:image

なかなかインパクトのあるラーメン屋『よってけラーメン どんだけー!』。

凄い入ってみたいけど、この日は定休日?開いてなかった。

もしかしたら、ラーメン頼んでも丼しか出されへんかもな!

丼だけ〜!!

 

ただ無心で走ってたら、日没来ましたわ。

f:id:parbone:20181217221726j:image

 

お、なんかあるやんけ!

f:id:parbone:20181217221738j:image

どうやらこの辺りは『人取橋合戦』という戦の古戦場らしい。

詳しくは分からんけど、伊達政宗の軍と周辺地域の連合軍が衝突した戦の、最大の激戦地がここらしい。

f:id:parbone:20181217221756j:image

この石碑は、件の戦で亡くなった伊達政宗側の「茂庭左月」なる人を思って、彼の子孫が作ったものらしい。

1828年に作られた歴史のあるもの。

f:id:parbone:20181217221928j:image

いくら500年前の話でも、当時から山なんかは変わらずにあるでしょう。

大昔の記憶に思いを馳せて余韻に浸るタイム・・・

 

本日の寝床『その辺の草生えてるとこ』

夜になってもかなり走りましたよ。

国道4号線は東北と関東を結ぶ道やから、交通量もかなり多い。

f:id:parbone:20181217221950j:image

安心して走れるぜ。

 

はい、本日寝るのはここ!

f:id:parbone:20181218001512j:image

1時間以上かけてやっと見つけた、寝れそうな場所。

歩道沿いの植木に隠れて寝るという。

現在時刻は0時16分。文章めちゃくちゃかも知らんが限界なので寝ます!おやすみ!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

仙台城と奥州街道、関東は目前や!【ミニベロ日本一周:宮城県仙台市-福島県国見町】

ミニベロ日本一周、77日目。

仙台を少し見てから、どんどん南下していきまっせ。

とりあえず、国道4号線(奥州街道)から福島県を目指す。

f:id:parbone:20181216174556j:image

少し遅めのスタート。

続きを読む

ついに会えたね、大都会仙台!【ミニベロ日本一周:宮城県石巻市-仙台市】

ミニベロ日本一周、76日目!

今日は東北最大の都市、仙台へ行く!

どんなところか楽しみやなぁ!

 

 

石巻市からスタート

7時前、『道の駅 上品の郷』から出発!!

f:id:parbone:20181215205612j:image

今日もええ天気やんけ!

f:id:parbone:20181215205622j:image

 

宮城は松が多くてイイね。

f:id:parbone:20181215205631j:image

こんな散歩道が近所にあればいいのになぁ。

f:id:parbone:20181215205639j:image

 

広がる田んぼ。

f:id:parbone:20181215205651j:image

 

日本三景の『松島』

国道45号線を走って行くと、なにやら観光地っぽい場所に。

f:id:parbone:20181215205702j:image

どうやらここ、『松島』という日本三景にも選ばれた景勝地らしい。

f:id:parbone:20181215205718j:image

 

とりあえず近くにあった『五大堂』へ行ってみた。

f:id:parbone:20181215205742j:image

いい雰囲気。

f:id:parbone:20181215205752j:image

この橋は「透かし橋」というスッカスカの橋。

しっかりしてるから怖くはない。

 

五大堂からの景色が凄くキレイ!

f:id:parbone:20181215205808j:image

画像やとイマイチ伝わらんけど、すげぇ絶景!

これは観光に行く価値ありや!

 

松島も7年前の東日本大震災津波の影響を受けたらしく、そのせいか利用できない場所がある。

f:id:parbone:20181215205841j:image

残念。

 

松尾芭蕉も訪れた『雄島』

松島の海岸を少し歩くと、「雄島はこっち!」という看板があったので寄ってみる。

f:id:parbone:20181215205901j:image

雄島』は昔から、様々な国の僧侶や巡礼者が修行をしたという神聖な場所。

 

雄島の入り口。

f:id:parbone:20181215205912j:image

こういった、岩を割ったような場所を通る。

f:id:parbone:20181215205923j:image

 

見えてきましたぞい、雄島!

f:id:parbone:20181215205939j:image

唐紅の橋がとても良い!

f:id:parbone:20181215205951j:image

まるで桃源郷のようや。

明るい赤の橋が、空の青、松の緑に眩しいくらい映えてる。

f:id:parbone:20181215210009j:image

 

雄島の中心には、異国感漂う場所がある。

f:id:parbone:20181215210027j:image

磨崖仏というのか、島の岩を削って、卒塔婆やらお地蔵さんやらが掘られてる。

あと、変なトンネルがあった。

f:id:parbone:20181215210041j:image

 

雄島の端の方、見仏上人なる超絶偉い僧侶の建てた妙覚庵の跡地がある。

f:id:parbone:20181215210109j:image

今は跡形もなくなってしまってるけど。

 

ここからの景色は、さっき五大堂から見たものよりも良き!

f:id:parbone:20181215210223j:image

晴天よりも、こういう雲が漂う空がええなぁ!

f:id:parbone:20181215210234j:image

こりゃ芭蕉も惚れるわ。

 

松島の島々を見渡す『双観山』

雄島からまた国道45号線を走ると、『双観山』という松島の海を一望できるスポットがある。

f:id:parbone:20181215210256j:image

「山」とは言うが、そんなに大した大きさではない。

 

入り口から200mも進むと山頂に。

f:id:parbone:20181215210311j:image

山頂一つ前には、日本昔ばなしに出てくるような茶屋もある。

値段設定は高め。

 

双観山展望台からの景色はこんな感じ。

f:id:parbone:20181215210326j:image

ちょっとちょっと、絶景じゃないの!!!

ZEKKEIじゃないの!!!

すげぇ!松・海・島・空・雲がとんでもないハーモニーや!

松島に来たら、双観山を是非!

 

仙台は目前!

松島から仙台は、だいたい25キロぐらい。

国道45号線を進んでいくと、仙台市街まで一気につける。

f:id:parbone:20181215210358j:image

日も沈んできた。

f:id:parbone:20181215210416j:image

この辺まで来ると、かなり都会感が増してくる。

うい、仙台市突入!

f:id:parbone:20181215210433j:image

仙台のカントリーサイン伊達政宗

仙台藩の初代藩主なのね。

 

夕焼けいいっすなぁ。

f:id:parbone:20181215210454j:image

 

仙台、思ったより都会やんけ!

よくネットの世界やと

「仙台は田舎!所詮東北!」

「大都会()仙台wwww」

とかって言われてる仙台市

実際どうやろうか。

 

大きなオフィスビルが立ってる。

f:id:parbone:20181215210522j:image

大きな商店街があって、そのあたりは人もかなり多い。

f:id:parbone:20181215210543j:image

仙台駅は見た感じかなり大きい。

f:id:parbone:20181215210606j:image

そこそこのロータリーがあって、バスがたくさん発着してる。

f:id:parbone:20181215210638j:image

 

結論。

仙台は都会!田舎じゃない!

でも、大都会には一歩及ばず!

道が狭いから、人が密集して都会っぽさを醸し出してる感じはあるけども。

あと、ネットでは「仙台はブスが多い!」とか言うてる人もおったけど、少なくとも駅前の通りは美人ばっかり!

 

思ってたより仙台は栄えてた。

やっぱり自分の目で見ないといかんね。

 

本日の寝床『西公園』

西公園、歩道橋の下で。

f:id:parbone:20181215220507j:image

この公園、そこそこの大きさやけど上手いこと隠れれる寝床ってないのよな。

となりにホームレスの方の寝床的なのがあるけど、まぁ大丈夫でしょう!

おやすみ日本

 

f:id:parbone:20181215210653j:image

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

宮城なんもねぇわ!【ミニベロ日本一周:宮城県気仙沼市-石巻市】

ミニベロ日本一周、75日目!

これカウント日数間違えてないよな?

 

続きを読む

陸前高田市と『奇跡の一本松』【ミニベロ日本一周:岩手県三陸町-宮城県気仙沼市】

ミニベロ日本一周、74日目!

昨日(73日目)は雨のため進まず、一日道の駅で過ごした!

一日も同じ場所にいてると、そこの方とも仲良くなるもので、1日分の食べ物をいただいちゃったり。

f:id:parbone:20181213210237j:image

ありがとうございます!

お金のない俺にはすごく助かる!

 

 

中一日分の力を込めて出発!

昨日はずっと道の駅でパソコンをイジイジしてたから、今日は元気にスタートするぞおお!

f:id:parbone:20181213210248j:image

漕ぎ出すと早速山へ向かう。

f:id:parbone:20181213210259j:image

峠を登りだすと、横に雪が残ってたり、端のほうが少し凍ってたり。

山は高さが違うと気温がだいぶ違うからな。

 

ながーいトンネル。

f:id:parbone:20181213210314j:image

ここを超えると、山間に小さな村が見えた。

f:id:parbone:20181213210327j:image

キレイやなぁ。

こういう立地って胸熱じゃないかしら?

 

実際下ってみると、ホンマに山に囲まれた味のある街。

f:id:parbone:20181213210340j:image

実は奥行きがあってかなり規模がデカイ。

f:id:parbone:20181213210354j:image

こういう街ってやけに高校生が多いけど、子供達はこの街の美しさに気づいてるんやろか?

f:id:parbone:20181213210416j:image

 

大船渡市街を抜ける

道は徐々に活気を見せてきた。

f:id:parbone:20181213210433j:image

大船渡湾は変わった形で、ぱっと見は大きな湖のよう。

f:id:parbone:20181213210455j:image

このような入り組んだ場所でも、津波は押し寄せる。

このPDFでは、市街はかなり浸水があったみたいやけど、走った感じそのような雰囲気はなかった。

 

陸前高田市の方へ向かうため、また峠を超える。

f:id:parbone:20181213210511j:image

峠超えも慣れてきたなぁ!

まぁ結局、天気が良ければ何でもええわけやな!

 

峠にある謎の赤い建物!?

峠付近になにやら赤い建物が見えた。

f:id:parbone:20181213210528j:image

近づいていると、ラブホテルのような怪しさ。

f:id:parbone:20181213210545j:image

 

よくよく見ると、どうやら如何わしいところではなくて、Crayon Cityというあらゆるお店の集合体みたい。

f:id:parbone:20181213210611j:image

小さい店が並ぶ通りや

f:id:parbone:20181213210624j:image

スナックばっかりの場所やら

f:id:parbone:20181213210640j:image

銭湯があったりと、どうも取り留めがない。

f:id:parbone:20181213210657j:image

お店同士が独立してるから、より統一感のない不思議な雰囲気に。

 

ここの駐車場からの景色が最高!

f:id:parbone:20181213210726j:image

景色を見るために来るのもええな!

 

震災遺構を残し伝える『陸前高田市

峠の向こう側は『陸前高田市』となる。

f:id:parbone:20181213210804j:image

山の向こうに小さく町並みが見える。

f:id:parbone:20181213210816j:image

ここからでも、大きな防潮堤がよくわかるなぁ。

 

山を下って市街地に入った。

何気なく通り過ぎたこの集合住宅。

f:id:parbone:20181213210845j:image

違和感を感じて近づいて見ると、ホンマに驚いた。

f:id:parbone:20181213210858j:image

1~4階はベランダの柵すら残っておらず、中は空っぽ。

 

「この建物は、津波でこうなったんですか?」

と、近くの人にそう聞かずにはおられへんかった。

そりゃ見れば分かるけどさ、イマイチ信じられないというか。

 

この建物の5階まで津波は届いてた。

f:id:parbone:20181213210944j:image

絶望感すら感じてしまう。

f:id:parbone:20181213211004j:image

 

改めて陸前高田市の市街跡を見た。

f:id:parbone:20181213211024j:image

なにもない。瓦礫すらない。

f:id:parbone:20181213211034j:image

言葉では言い表せない。

 

サイボーグ化した『奇跡の一本松』

陸前高田市、復興の象徴とも言われるものに『奇跡の一本松』というのがある。

f:id:parbone:20181213211054j:image

周りが更地やから、松のある場所はすぐに分かった。

 

下から見た松。

f:id:parbone:20181213211108j:image

幹はテカってるし、葉は作りもの丸出し。

この形を残すために色々と弄られてて、サイボーグと揶揄されてる松。

 

震災後のニュースで「松の保存に億単位の予算が必要」っていうのが報道されてて。

「そんなんしてる場合かよ、アホかこいつら」

と思ってたのよ。

やけど、実際に『奇跡の一本松』を見て考えを改めた。

周りの建物が全部倒壊・流されたりさ。

松のすぐ後ろの建物も倒壊してるし、前の道路は途中から跡形もなくなってる。

f:id:parbone:20181213211226j:image

そんな中で、一本だけ真っ直ぐ天に伸びてるこの松は、確かに「復興への希望」を象徴してる気がした。

この松はサイボーグ化しても残してほしいと、そう思う気持ちも今なら分かるなぁ。

f:id:parbone:20181213211243j:image

次来るときは献花を持参しような。

 

廃墟となった『陸前高田市立気仙中学校』。

f:id:parbone:20181213211302j:image

ここは、屋上まですっぽりと水没をしてしまったらしい。

f:id:parbone:20181213211317j:image

被災者の胸中を推し量ることもできない。

 

ついに宮城県へ突入!!

また山登りを開始し、やっとこさ岩手脱出!

f:id:parbone:20181213211333j:image

宮城も北の方はリアス式海岸になってるみたいやから、仙台ぐらいまではしんどい道が続くか?

 

おいおい、乳首落ちてるやんけ!!

f:id:parbone:20181213211351j:image

 

気仙沼市街に向かうこのトンネル、一応自転車も通れるみたい。

f:id:parbone:20181213211409j:image

いやいや、結構長いし交通量バカ多いし、死ぬぞ俺。

なんとかトンネルを通り抜けて、市街に降り立った。

f:id:parbone:20181213211437j:image

店も道路の舗装もキレイになって、震災の跡はほとんど見えない。

大阪王将もあるし!

f:id:parbone:20181213211458j:image

餃子食いたい!餃子!!

 

三陸復興国立公園『岩井崎』と『龍の松』

気仙沼市から南三陸町に向かう途中の道で、少し寄り道。

なにやら『岩井崎』なる場所に行ってみようかと。

 

道中の画像を端折っていきなりドーン!!

f:id:parbone:20181213211517j:image

ここには、これまた津波から生き残った『龍の松』なるものがある。

f:id:parbone:20181213211543j:image

おお!確かに龍!

この松も、『奇跡の一本松』と同じで、塩害により枯死してるみたい。

今は保全活動が進められてるよう。

 

この公園には、江戸時代の力士『秀の山 雷五郎』の銅像が立っている。

f:id:parbone:20181213211645j:image

この人、身長164センチと、力士としてはかなり小柄みたい。

でも、手はすごいデカイっすわ!

f:id:parbone:20181213211709j:image

ほんものかなコレ。

 

日が沈む。

f:id:parbone:20181213211734j:image

火事みたいに真っ赤。

 

『道の駅 大谷海岸』で一泊

岩井崎を後に5キロぐらい走ると『道の駅 大谷海岸』に到着〜。

f:id:parbone:20181213211809j:image

すぐ近くに情報コーナーがあって、寝るのにおあつらえ向きやからここで寝ます。

f:id:parbone:20181213211757j:image
大きな声では言われへんけど、この情報コーナー、ほんまは夜間施錠される。今日は、管理人さんのご厚意により開けていただけました。

 

さて、宮城に入ったし、明日からは少し楽に走れるか?

明日もいいことがあればええなぁ。

f:id:parbone:20181213211855j:image

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村