JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

まさに絶景!美幌峠【ミニベロ日本一周:44日目 北海道小清水町~弟子屈町】

今朝の明け方の気温は−1度。

何やら百何十年ぶりに暖かい秋らしかったけど、これから北海道本番やなぁ。

 

今日は小清水町から美幌峠を通り、屈斜路湖に行こうかな、という感じ。

 

その名通りの『大空町』!

美幌町を目指し山の中へ。

 

一瞬網走市を経由し、早々に大空町へ入った!

 

この頃から空が徐々に見えて来て、太陽も出てきた!

最高かよおおおおおお!!!

最近は特に雨続きやったから、青い空が見えるだけで最高や!

テンションバク上げ!

 

大空町ってええ名前やなぁ。

 

美幌町から美幌峠を目指す!

坂を下れば美幌町に到着。

山に囲まれた町やけど、なかなかの規模。

 

左ね、はいよ。

 

いつもなら山に入る前に非常食(と言う名のお菓子)を買うんやけど、今日は我慢。

食べ物があると漕ぐときの集中力が格段に下がるから!

今日はガチ走り!

 

20キロ先の『美幌峠』を目指す!

美幌町のセコマで一息ついて、さぁ美幌峠行くか。

 

道中、ちょっといい感じの道を見つけた。

なんの木やろ?

よく『メタセコイア並木』が有名な場所とか聞くけど、そんな感じかね?

 

しんどいけど、なんか楽しい。

最近は雨ばかりやったから、ただ何事もなく道を走れるって幸せなんやな。

それに、峠までの道が辛いほどに、峠についたときの感動は大きいはず。

 

あと5キロ!!

ここまで登ってきてんなあ。

 

あああああと1キロ!!!!

ここを超えれば峠!

 

着いたあああああ!!!!

峠にある『道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠』!

この時点で景色はかなりきれい。

 

さらに、道の駅の横にある階段を登れば

 

うい!

屈斜路湖

 

トンげもない絶景!!

 

20キロの道のりを経て、やっとこさ辿りついたので感動すら覚える。

 

「日本一周しててよかった」

ホンマに、久しぶりに思った。

車で来たらここまでの感動はない。

おそらく、数年後にまたこの峠に来ても味わえない、日本一周者だけの特別な時間。

 

「おっし、ここで一泊して朝日みよう」

自然な感情ですわ。

ここまで来たら、朝日に照らされる屈斜路湖がみたいやん?

上手く行けば雲海も見れるらしく、明日が楽しみや。

 

日没時もとてもいい景色なのでオススメ。

 

道の駅にて一泊

さて、峠は風も強く気温も低い。

寝る場所は道の駅の階段上がったところ。

過去最高に寒いところ。

明日、凍死してなきゃええけどね!

 

 

明日は、

・美幌峠から朝日を見る

屈斜路湖沿いの無料温泉に浸かる

いやぁ楽しみ。

 

いい旅になりますように。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

結果的に小清水町散策【ミニベロ日本一周:43日目 北海道小清水町】

朝は寝袋に当たる雨の音で起床。

雨は降らん予報やってんけど、とんだスタートや。

セコマで朝飯食ったり、1時間ほどゆっくりしてから自転車を漕ぎ出した。

 

 

始まりこそ雨やけど、その後は久しぶりに青空が見れて気分良き。

 

 

 

と思ったらすぐに雨になる。

ふざけるな。

 

かなり休憩を挟んでから、知床方面へ。

知床半島手前にて。

しかし、この後すぐルートを変更した。

 

一旦小清水町へ行ってから、美幌町を通り美幌峠から屈斜路湖を眺めるルートへ。

このルートは、札幌の理髪店『Mr.Bicycle』のマスターに「美幌峠からの屈斜路湖」が絶景やから是非見て!と言われたの思い出してさ。

 

本日は美幌町手前の小清水町で終了。

結果昨日から進んでねぇ!

 

まだまだ早い時間やから、小清水町の図書館へ。

f:id:parbone:20181113202949j:image

無料で本がもらえるキャンペーン中。

f:id:parbone:20181113203013j:image

 

俺はこれをゲット!

f:id:parbone:20181113203312j:image

文章力が上がればええなぁ。

 

うーん、ブログ少し流すような感じで書いてもうた。

何一つ良いことがない日も、理解して励ましてくれる人が居ればええねんけどなぁ。

 

明日こそは、良いことがありますように。

網走刑務所に圧倒!【ミニベロ日本一周:42日目 北海道佐呂間町~小清水町】

今回から画像をGoogle Photoにアップして載せようと思うんやけどどうやろ?

 

昨晩は色々やることがあって、ついつい寝るのが日をまたいでしまった。

起床は遅めの6時半。

ヤバス、超絶頭痛や・・・

 

言うてもしゃーない、出発!

 

頭痛が痛い、頭痛が。

まずは20キロ先のセコマで朝飯を食おう。

朝やから坂道も元気いっぱいに登れるなぁ!

なんてノリノリやってんけど、また頭痛がぶり返してきた。

過去最大に頭痛が痛いですよぉ!

もう耐えられん、さっさと鎮痛剤買おう。

 

北見市に突入。

なんやねんコイツ!

もうちょっとなんかあるやろ!

デザイナー呼んでこい!

 

結局セコマのある20キロ先まで薬局もなく、ヒーヒー言いながら2時間かけて到着。

ああ、愛しの鎮痛剤。

20キロの間ずっと痛いことなんてなかってんけどなぁ。

原因はなんやろ?

 

オホーツクを楽しむサイクルロード

道を進むと、見つけてしまったぜサイクルロード。

冬期間通行止めか。

今って冬?

 

いや、冬じゃない!

セーフ!!

というわけでサイクルロードを進む。

やっぱりいいな、サイクルロードは。

オホーツク海もまぁまぁ見えるしさ。

 

意気揚々と400mくらい進んだ頃。

マジか。

今は冬期間中なんか。

ちくしょう。

 

国道に出て能取湖沿いを走る。

ええなぁ、ラムサールをビンビンに感じますわぁ。

 

能取湖を一通り撮ったあと、ふとケツに違和感を感じてんけど、見てみると。

スパッツ履いてるから大丈夫、おケツは見えてない。

 

逆に半パン脱いだほうがええかな?

ちょっと試してみた。

どうやら半パンなしは無理そうやな・・・

 

この湖畔群の辺りのサイクルロードは、舗装がきれいで随所に休憩スポットが用意されている。

横目に見てると林の中を走る快適そうな道で、次はぜひとも走りたい。

もうちょっと早くこれば走れたのになぁ。

 

荘厳な雰囲気『網走刑務所』

いつの間にやら網走市に到着。

網走といえばやっぱり刑務所は全国的に有名よな。

 

国道をずっと走ってると、たまたま刑務所横を走ったので見に行ってみた。

刑務所正面

実際に向き合ってみると「刑務所や」っていう意識からか、なかなかの圧迫感。

この赤レンガの門は大正11年に竣工したもので、歴史上極めて貴重な文化遺産やとか。

 

塀も赤レンガ。

こりゃ脱獄できひんやろ。

 

刑務作業で作ったものを展示販売するところ。

なかには、日本全国の刑務所で作られた商品が展示されている。

刑務所内での生活ぶりなんかも紹介されてて勉強になった。

 

刑務所は罰するだけでなく、罪を償い構成させるところ。

少し刑務所と服役囚に対する意識が変わった気がする。

 

絶景不足や

網走刑務所を後に、海沿いを進む。

途中何度か立ち止まって小休憩を入れる。

どうにも力が入らん。

ペダルが重い。

 

かなりゆっくり15キロほど走ったところで、夕日のきれいな場所を通った。

「最近こういう景色見れてなかったなぁ」

北海道に来てからかなり曇り雨続き。

ここ数日は特に面白い景色も見れてなくて、どうにもそのせいで気が重いのかしら。

 

本州の日本海側は良かったなぁ。

毎日のように日本海に沈む太陽が見れてさ。

でもこればかりはどうしようもない。

どうかこの先いい景色、せめて太陽がちゃんと見れることを祈ろう。

 

『道の駅 はなやか小清水』で今日は終了

やっとついた『道の駅 はなやか小清水』。

ドンキホーテみたいな光り方しとるで。

 

今日はあんまり走られへんかったなぁ。

走行距離も70キロ弱だけ。

明日はなんかいいことがありますように。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

サロマ湖へ!多難でも進む【ミニベロ日本一周:41日目 北海道雄武町~佐呂間町】

今朝は6時起きの6時半出発。

やっぱり早起きすると一日が長くていいね。

(6時半は早起きではないか)

 

雄武町を立つ

昨日寝た『道の駅 おうむ』には展望台があるんやけど、

どうにも午前8時からの開放らしく、残念ながら日の出は見れず。

 

さて、今日も目標100キロで行くべ!

f:id:parbone:20181111224712j:image

 

今日は曇りの予報やのに、どうにもちょくちょく雨がぱらつくお天気。

ビショっと濡れないくらいのちょうどいい雨で、逆にいいクールダウンになってる。

f:id:parbone:20181111224751j:image

 

今思いついた名言

『雨が降ったら虹を探せ』

凄いメッセージ性がありそう。

座右の銘にしよかな。

 

オホーツクラインさん人相変わりすぎ

オホーツクラインさん情緖不安定。

 

一昨日はありえない向かい風で人を絶望させ、

かと思えば昨日は穏やかかつ平坦な道で『ライン』の呼ばれに恥じぬ快走路を見せつけ、

そして今日は起伏の多いチャリダー殺しの道や!

 

わしゃ都合のいい女か?

辛すぎて写真を撮るのも忘れてた。

 

 

続く上り下りに気力もなくし、ガックリきながら平坦な道で自転車を押す。

そんなとき、一件のメールが。

 

宗谷岬についたらメールします!

送り主は新潟でお家に泊めていただいた方で、最後に上記の約束をしていた。

すっかり忘れてたけど、昨日の夜思い出して急いでメールを送ったんやった。

その返信。

 

自分の近況を毎日気にしていたと言う、とても優しい人柄が出たメールの最後。

こんな言葉が書かれていた。

旅は人生のあらゆることを教えてくれる偉大なる教師である

その人が日本一周をした際、誰かに教えられた言葉だという。

 

そして今、この言葉をあなたに送ります、と。

 

この人は45年前に自転車で日本一周した人で、泊めていただいた時も熱く思いを語ってくださった。

宗谷岬45年経っても変わらないね」と書かれたこのメールに、

なんかこの人の俺に対する特別な思いの深さを感じたというか。

 

45年の時を経て、俺はこの人の当時の思い出と日本一周への夢を背負って、前に進まないと行けない。

そんな気がしてきて、なんとなく気力が湧いていた。

自分の旅ではあるけど、自分だけの旅ではない。

 

ナイスなタイミングで力をもらえた。

俄然頑張っちゃおうかしら。

 

サロマ湖沿いの山

メールを読んでから、テンションも上がってきてペダルが軽くなった。

そんなときに道も真っ直ぐになり、さらに強めの追い風まで吹いてきた。

f:id:parbone:20181111225006j:image

これがアメとムチかぁ、と思いつつ走る。

 

ちらっと『サロマ湖』が見えてすぐ、道は山道に入る。

サロマ湖は琵琶湖、霞ヶ浦とともに日本三大湖に数えられ、汽水湖では日本最大やとか。

f:id:parbone:20181111225041j:image

てっきりサロマ湖を一望する最高の道があるのかと思ったら、山の中で湖なんか見えやせんわ。

 

山を登りきったら、なぜか観覧車が見えてきた。

f:id:parbone:20181111225112j:image

一瞬廃墟か?と思ってんけど、近づいてみるとキチンととした遊園地。

f:id:parbone:20181111225126j:image

道の駅 愛ランド湧別』の敷地内にあるから、てっきり道の駅の施設かと思った。

けどどうやら『ファミリー愛ランドYOU』という遊園地らしい。

冬季は休園期間らしく、遊具が動いてるのは見れんかった。

 

サロマ湖一望

遊園地を後に道を下っていくと、ついにサロマ湖を一望できる道になった。

f:id:parbone:20181111225152j:image

しっかり見れて嬉しいけど、まぁデカイ水たまりという感じか。

恐らくサロマ湖を楽しく見れるのは夕暮れ時。

日没前に上手く見れる場所に行けるやろうか?

 

サロマ湖沿いの道もあっという間に終わって、また山や。

f:id:parbone:20181111225238j:image

サロマ湖沿いに道を作ればもっと人が集まるのでは?

 

本日は『道の駅 サロマ湖』で終了

結局、あの後もチラッと湖が見えたくらいで、そのまま『道の駅 サロマ湖』に到着。

f:id:parbone:20181111225258j:image

『道の駅 サロマ湖』言うぐらいやのに、肝心のサロマ湖が木に阻まれて少しも見えない。

なんやそら!

 

一応道の駅から徒歩で一時間ほど山を登ると、サロマ湖を一望できるスポットにいけるんやとか。

今回は疲れもあるのでパスです。

エスカレータでもあれば是非見に行きたかったぁ。

 


f:id:parbone:20181111225332j:image

f:id:parbone:20181111225326j:image



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

オホーツクライン最高!快適サイクリング【ミニベロ日本一周:40日目 北海道猿別村~雄武町】

気づけば出発から40日目!

めちゃくちゃ早い!

もう一ヶ月以上経って慣れてきたけども、事故を起こさぬよう気をつけマッスル。

 

 

猟師の朝は早い

今朝は、昨日声をかけてくださった方のキャンピングカーで起床。

昨日の話で

おじさん「明日雨が降ってたら、自転車じゃ進めないだろ?」

「そうですね、雨降ったらどうしよかな?」

おじさん「だったらさ、俺鹿撃ちに行く予定だからついてこいよ!」

「え?」

なんて会話があって、あれよあれよと言う間に行くことになってた。

 

猟に出るため朝はなんと5時半起き。

ドキドキしながら天気を見ると、星が見えるほど雲がなく風も穏やか。

た、たすかった・・・

口には出してないけど、正直そう思った。

晴れてるから自転車で進むことを伝え、お礼を言ってから猟師の方とは別れた。

どうやらその人、北海道の浜中町に別荘があるらしく、近くに行ったら泊めていただけることにもなった!

ありがとうございます!

 

朝日とともにスタート

やっと空が白んできた午前6時、スッキリした頭で自転車を漕ぎ始める。

やっぱり早起きはええなぁ。

しかしまだまだ暗い。

f:id:parbone:20181110182816j:image

まだ7時もなってない時間やのに、川には多くの釣り人が。

f:id:parbone:20181110182803j:image

こういう川に入る釣りはあんまり見たことない。

 

やっと空も明るくなって、安全に走れるぜ。

f:id:parbone:20181110182826j:image

ここでちょっとしたミス。

f:id:parbone:20181110182918j:image

この『エサヌカ線』なる道が、牧草地や原生花園を通る景色のいい道らしいんやけど、知らん間に通り過ぎとるやんけ!

やっちまったなぁ。

 

オホーツクラインの本領発揮

浜頓別町を通り過ぎた海沿いの道で、いいロケーションを発見。

f:id:parbone:20181110182941j:image
【位置情報:45.1194944,142.4071194

雲からこぼれた光が霞む山を照らし、風車のシルエットがいいアクセントになってませんか。

いいんじゃないでしょうか、この景色。

 

それにしても、昨日とは打って変わって風が穏やか。

軽く追い風が吹く場面もあって、舗装もしっかりしてるから滑るように走れる。

オホーツクライン、やるやん。

 

景勝地として有名(らしい)『神威岬

f:id:parbone:20181110183003j:image

きれいっちゃきれいやけど、紅葉もなくて寂しい感じ。

ここは春~夏に映えるかもなぁ。

 

久しぶりにノリノリ爆走

大きめの町『枝幸町』を抜けて、道はまた快走路に。

f:id:parbone:20181110183015j:image

 

ここからの道が少し心配で。

なんせツーリングマップルに「単調な景色が続く」とか「居眠り注意」とか書いてるし。

f:id:parbone:20181110183100j:image

こりゃ相当苦痛な道なんちゃうの?

 

と思ったら、超快適で逆に楽しい。

風が穏やかで天気も悪くない。

そんな好天に加え走りやすい道。

f:id:parbone:20181110183113j:image

洋楽をハミングしたり、尾崎豊を熱唱しながら進む。

Say Good-bey Scrap Allay 〜♪」

シェリ〜いつになれば〜俺は這い上がれるだろ〜〜〜〜♪」

ヘッド・バットしたり上下にバウンドしながら漕いで。

最高っすわ。

たまらん。

 

それとこの道。

オロロンラインみたいに「次の町まで50キロ!」とか言うこともなく、

そこそこの頻度で小規模の町があるから助かる。

この道好きや。

 

かなり飛ばして自転車を漕いで、気づいたら14時。

ちょうど通ったセコマで休憩がてら距離を見てみた。

もう100キロくらいは来てるつもりやってんけどなぁ。

自転車あるある【思ったより走ってない】

 

雄武町で本日は終了

ちょうど日暮れ頃に『道の駅 おうむ』に到着。

時間もちょうどいいので、本日はここでおねんねする。

 

この道の駅、中に展望台があるので登ってみた。

f:id:parbone:20181110183305j:image

景色はこんな感じ。


f:id:parbone:20181110183322j:image

f:id:parbone:20181110183326j:image

恐らく、この近くに『日の出岬』なるロケーションスポットがあるので、ここもやっぱり日の出時間が見頃やろう。

また明日の朝挑んでみる。

 

それはそうと、今日までに走った道筋を地図で確認してみると気づいたことが。

f:id:parbone:20181110183353j:image

やばい、もしかして北海道まだ半分も周ってない?

もうすぐ北海道に来て一ヶ月経ちそうなんですが。

まぁ前半にパンクやら雨やら連続したから、仕方ないっちゃ仕方ないけどさ。

ちょっとペース上げて、朝早くから走り始めないとあかんな。

 

では。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

今までで一番の向かい風【ミニベロ日本一周:40日目 北海道稚内市~猿払村】

今朝は『宗谷岬公園休憩所 兼 バス待合所』で起床。

宗谷岬より北には何もない。

日本の全てはここより南にあって、俺はこれから南を目指す。

とても簡単でよろしい。

 

 

オホーツクライン

本日もさっさとスタート。

やっぱり海沿いは暖かいなぁ。

f:id:parbone:20181109152502j:image

 

それにしても向かい風がハンパネェ。

曇天も相まって、完全に『最果ての地』感が出てきとるで。

  

今日一の景色は、宗谷村から海沿いの道になる手前のこの風景。

f:id:parbone:20181109152627j:image
【位置情報:45.4704667,141.9752361

日本なのか、ここは?

画像では分かりにくいが、右側に風車群があってそれも一望できるベストスポット。

流石です。

 

ここの道、どうやら今調べると『オホーツクライン』と呼ばれる道らしい。

あんまり有名ではないと思うけど、なんとも雄大

オロロンラインとはまた違う景色が楽しめて良き。

 

野生のキツネも初めて見たんやけど、俺と目があったらすぐに逃げてしまった。

イカーの方は野生動物に気をつけて走行してください。

 

かつてない風雨の中走る

更に風が強まってきた。

海沿いはロクに風よけもないから暴風が直撃。

おまけに雨も強まってきて、顔に当たると結構痛い。

次の大きな町(浜頓別)まで30キロ、行けるか?」と思いつつ走る。

 

猿払村』の中心地に入った辺りのセコマで休憩。

f:id:parbone:20181109152816j:image

ここで今日の天気について調べると、この暴風でもまだピークではないとか。

f:id:parbone:20181109152830j:image

無理やなこれは。ロクに走られへん。

 

セコマで飯を食ってから、2キロ先の『道の駅 さるふつ公園』まで行って今日は終了にする。

 

で、そこからさらに風は強まって。

結局セコマから2キロ先の道の駅まで、30分以上かけて到着した。

f:id:parbone:20181109152943j:image

向かい風で全く前に進まんから、結局最後の方は自転車を押して猛ダッシュ

道の駅についてベンチにへたり込んだ。

 

道中は

道の駅いつ着くんじゃボケェエエエエッ!」とか

アバァアアアアアアアッッ!!!!」とか。

 

道の駅についてからも

(周りに建物がたくさんあって)どこが道の駅やぁあああ!!

わかりやすくしとかんかいコラアアア!!!!」とか叫びながら走ってた。

気づいたら道の駅におった自衛隊の人にめっちゃ見られた。

見せもんちゃうぞ!!

こっちは本気じゃ!!

 

本日の寝床

『道の駅 さるふつ公園』に停車しているキャンピングカーの中。

ひょんなことから声をかけられて、あれよあれよと言う間に

「もし明日雨なら、鹿狩りに同行する」ということになった。

どういうこと?

 

超怖い、どうなるんや俺は。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

ミニベロで宗谷岬まで来たぞ!【ミニベロ日本一周:39日目 北海道稚内市】

 

抜海駅舎で起床

昨晩は『JR抜海駅』の駅舎にて就寝。

起きたときの景色。

f:id:parbone:20181108205623j:image

味のある駅舎内に差し込む朝日、いいね。
ただし良い子は真似しないように!

 

駅を出るとほんと半端じゃなく寒い。

水たまりは凍ってるし

f:id:parbone:20181108205636j:image

自転車にかけておいたカバーについている霜も雪みたいに

f:id:parbone:20181108205647j:image

水筒の中の水はジェラート状。

f:id:parbone:20181108205655j:image

日中はあんまり感じんけど、やっぱり朝晩の冷え込みは内陸より凄い気がする。

手袋とネックウォーマーを二重に巻いて、本日もスタート!

 

稚内市街までの道中

本日の利尻山

f:id:parbone:20181108205714j:image
【位置情報:45.3696361,141.6606139

いいっすなぁ。

やっぱりこういうフォトスポットは自分で見つけるに限る!

それこそ自転車旅の醍醐味や。

 

道中少し変なものを見た。

宗谷バス 坂の下駅』のすぐ隣になるんやけど。

こんなんとか

f:id:parbone:20181108205736j:image

こんなんも

f:id:parbone:20181108205748j:image

変なん置いてるとこがあって。

周りに人がおらんかったから聞かれへんかったけど、誰か通るとき聞いといてや!

 

北海道を走ってて思うけど、なかなか過疎化が進んでいる様子。


f:id:parbone:20181108205844j:image

f:id:parbone:20181108205850j:image

こちらは2014年廃校になった『稚内西小中学校』。

昨日見た稚咲内の廃墟群もそうやけど、北海道はホンマに廃墟、廃屋が多い。

俺は結構廃墟が好きやから楽しいけど、なんやかなぁ。

いつか、こういう廃墟を利用して町興ししたり、まず日本人の価値観として田舎で暮らすことが見直されていけばええな。

それに、これが逆にビジネスチャンスでもあるし。

ベンチャー起業の方々、北海道が穴場ですよ!

 

稚内は最北端だらけ

言うとるまに稚内市街へ到着。

まず見るのは『野寒布(ノシャップ)』!


f:id:parbone:20181108210044j:image

f:id:parbone:20181108205953j:image

岬って感じっすなぁ。

ここは夕方の景色がいいらしいので、朝に来てもアキマヘン。

 

しかし、周辺の海鮮料理店は魅力的。

f:id:parbone:20181108210200j:image

あとは、一部で有名なライダーハウス漁師の店』もある。


f:id:parbone:20181108210250j:image

f:id:parbone:20181108210254j:image

お金があればぜひ入りたかったけど、ちょっと海鮮はお財布にシンドイでごわす。

 

日本最北端の水族館『ノシャップ寒流水族館』。

f:id:parbone:20181108210327j:image

科学館的な施設も併設されてるみたいで、子供は楽しめそうな雰囲気。

 

約50キロぶりに出会えたセコマ。

f:id:parbone:20181108210341j:image

もう腹がペコペコや〜。

ペコ&りゅうちぇるや〜。

 

お次は最北の駅『JR 稚内駅』へ。


f:id:parbone:20181108210504j:image

f:id:parbone:20181108210500j:image

デカイ駅!

稚内ってもっと「最果て感」というか、人もいないような辺境の地かと思ったら、全然そんなことない。

きれいでよく栄えた街や。

 

最北端の線路。

f:id:parbone:20181108210533j:image

これにはちょっと感動。

何でもかんでも「果て」はロマンに満ちてるもんやなぁ。

 

宗谷岬』に向けて走り出す

13時前までゆっくりした最北のマクドをでて、ついに宗谷岬に向けて走り出す。

セコマで朝飯を食ったのに、照り焼きチキンバーガーのセットにナゲット10ピース食ってちょっと吐きそうやけど!

 

稚内湾沿いに進むと『稚内空港』の横を通る。

f:id:parbone:20181108210643j:image

これ、飛行機好きには楽しめるんじゃないでしょうか。

結構近くで見れるポイントちゃうん。

ただ、稚内空港やと本数が少ない気がするけど。

 

忌まわしきオロロンラインを思い出す道。

f:id:parbone:20181108210840j:image

最北端のコンビニであるセイコーマートでお菓子と袋麺を買い込み。

f:id:parbone:20181108210906j:image

最北端の村『宗谷村』。

f:id:parbone:20181108211047j:image

あそこのすぐ奥に、我らが最北端の宗谷岬は待っているんや!

 

日本最北端の地『宗谷岬』に到着!

あと少し、あと少しが案外長い。

f:id:parbone:20181108210933j:image

野生の鹿も俺を歓迎してる!

f:id:parbone:20181108211227j:image

 

そしてついに!

ついに!

ついたーー!

f:id:parbone:20181108211243j:image

 

もちろん2ショットも。

f:id:parbone:20181108211311j:image

こちらが最北端の地面になります。

f:id:parbone:20181108211335j:image

日本で一番北にいる男。

 

余談:日本最北端に来て思ったこと

自分でも驚いた。

イマイチ達成感や感慨がない。

それは多分「まだ旅の序盤」っていう自分の中の意識もあるけど、

宗谷岬自体がただの最北にある岬なだけで、「自分の中の特別な場所」ではないからやろか。

 

そんで、ちょっと考えてみた。

自分の中での日本一周は多分「自分だけの特別な物事人を見つける」旅なんかもなぁ、と。

上で少し書いたけど「誰かが決めた利尻山の絶景スポット」じゃなくて、

「自分だけの利尻山がきれいに見れるスポット」を俺は探してるんじゃないかと。

宗谷岬は、そういう意味で俺の特別な場所にはなり得なかったんかもなぁ。

そんなことを、夕日を浴びながら思っておりました。

f:id:parbone:20181108211623j:image

 

宗谷岬に来たらやること

Mr.Bicycleのマスターに手紙を出す!!

ついでに実家にも出す!

マスター、おかん、

わし宗谷に来てます。

マスターは2週間の間にまた会うねんけどな。

 

宗谷岬なんて二度と来んと思って、キーホルダーとステッカーまで買ってしまった。


f:id:parbone:20181108211733j:image

f:id:parbone:20181108211739j:image

自転車にステッカー貼んの結構好きかも。

ステッカー集めようかな?

 

土産屋のおばちゃんにお菓子もらっちゃった!

f:id:parbone:20181108211807j:image

ありがとうございます!

バス待合所に居た中国の方にもおすそ分けして、美味しくいただきました。

 

夜になると宗谷岬記念碑がライトアップされる。

f:id:parbone:20181108211851j:image

謎のポージングである。

 

今晩の寝床

宗谷岬周辺の某バス待合所。

f:id:parbone:20181108211914j:image

待合室内に「ここで寝ないでよ!」って書いてあるんやけど、他に寝る場所もないのでコソッと。

f:id:parbone:20181108211937j:image

警察だけは勘弁していただきたい。


f:id:parbone:20181108212624j:image

f:id:parbone:20181108212650j:image

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村