JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

ミニベロで日本一周予定!:ルート決め

10月から日本一周開始すんぞ~

ということで、ルートをあらかた決めたので簡単に紹介。

なお、移動は自転車とフェリーのみとします。

 

おおよそのルートは右上の枠アイコンから確認できます。

いかに安く日本を回るか、を重視してルート決めをしています。

交通費内訳

大阪府から青森県

堺市から舞鶴市まで向かい、そこから海沿いに北上していきます。

有料区間特になし。

走行距離は約1700㎞

途中佐渡島へ寄るかどうかはまだ決めていませんが、

もし寄港する場合は佐渡汽船』らの『新潟港~両津港』ルートが最安値のようです。

価格は3か月ごとの更新なので注意が必要です!

私の場合、二等客室料金+自転車料金込みで3870円。

単なる二等客室料金なら2380円です。

www.sadokisen.co.jp

 

また、北海道への移動は青函フェリーが安い! 

価格は夏季と冬季で分かれており、私の乗る10~5月の料金は大人1600円+自転車800円の2400円です。

出発地が違う『大間町~函館市』の『津軽海峡フェリー』は区間距離に換算すると、日本一高い!と言われているようなので注意。

www.seikan-ferry.co.jp

 

北海道一周

有料区間特になし。

走行距離は約2200㎞

奥尻島がサイクリングに力を入れているようなので、自転車乗りの方はぜひ。

フェリー料金未確認です。

 

青森県から広島県

有料区間特になし。

走行距離は約3000㎞

途中静岡県と愛知県は県内をショートカットできるフェリーがあります。

広島県から四国へは、無料で渡れる(らしい)しまなみ海道がありますので、それを利用します。

ここで一つ注意!

淡路島を経由して四国へ行く場合、『大阪府~淡路島』へは自転車も利用できるフェリーがありますが、

『淡路島~四国』間にフェリーが出ていないので、ヒッチハイクを利用する必要があります。

 

四国一周

有料区間特になし。

走行距離約830㎞

こう見ると、四国って意外と小さいんですね。

前述のとおり、四国から淡路島へは自転車で移動できないので注意してください。

 

広島市から鹿児島市

山口県から福岡県に通じる関門トンネルは、歩行者無料、自転車有料となっています。

といっても、たったの20円ですのでほとんど無料です。

走行距離約1200㎞!

鹿児島県から沖縄県は、『A”LINE』の『鹿児島新港~本部港』ルートがおそらく最安値。

二等客室13890円と自転車2850円、計16740円がかかることになります。

高い!

また、場合によっては飛行機のほうが安い場合もあるようですが、価格の上下が激しいので要確認です。

さらに、鹿児島から沖縄まではフェリーなら24時間ほどかかるようなので、こちらも注意。

 

運賃・料金 鹿児島航路|A''Line マルエーフェリー株式会社・奄美海運株式会社

 

沖縄県一周

有料区間特になし。

周辺にはたくさんの島がありますが、島同士がかなり離れているので料金はどうしても高くなってしまいます。

本当は日本最西端の与那国島、最南端の波照間島に行きたかったのですが。。。

走行距離は沖縄本島のみの一周で380㎞程

 

鹿児島市から舞鶴市

前述の『関門トンネル』での20円のみ必要。

途中対馬に寄る場合、『築港~厳原』ルートの壱岐対馬フェリー』が最安値。

大人一人4000円+自転車1200円の計5200円が片道運賃です。

走行距離は約1800㎞です。

時刻・料金表 | 壱岐・対馬フェリー株式会社

 

まとめ

一先ず上記ルートで行くことにします。

本当はもっと色々行きたいところがあるのですが、予算の関係で諦め。

確定しているルートの総走行距離は概算で11110㎞

一日70~80㎞をコンスタントに走れば、5か月で周れる予定。
なお行くか未定の佐渡島対馬などは含めていません。

総交通費は40820円佐渡島対馬を含めると58960円です。

思いのほか(財布の中身が)キツイですが、とりあえず上記ルートで出発準備を進めます!

 

ミニベロで東京から大阪まで行った!【4日目/最終日・三重県~大阪府】

私は今年、 6/13(水)~6/17(日)に東京~大阪間をミニベロで移動しました!

今回は4日目、三重県から大阪府までの道程を書いていきたいと思います。

なお、正確には5日目の早朝3時ごろに到着したので、総移動日数は5日です。

今までの軌跡は以下を見てみてください!
ミニベロで東京から大阪まで行った!【1日目・東京都~静岡県】
ミニベロで東京から大阪まで行った!【2日目・静岡県~愛知県】
ミニベロで東京から大阪まで行った!【3日目・愛知県~三重県】

 

三重県は自然が大変良き

9時45分ごろ、旅人の家こと『快活クラブ』を後にして、自転車を走らせはじめます!

さて、現時点から目的地である大阪府堺市までは138㎞、京都までなら91㎞。

とりあえず大阪まで行くつもりで、体力的にヤバそうなら京都で一泊することにします。

 

滋賀県くらいまでは東海道沿いに走ればいいので楽!

自転車は鈴鹿市を超えて、『世界の亀山』で有名な亀山市に突入。

静かな道、奇麗な川。
f:id:parbone:20180907215310j:plain
【位置情報:34.85595,136.4173889

f:id:parbone:20180907215426j:plain
【位置情報:34.8556361,136.4152361

ただただ絶景です。

ペダルをこぐ力もなんだか湧いてきます。

 

東海道随一の名所、関宿!

途中で東海道一の見どころ(私選び)である『関宿』に到着~。
f:id:parbone:20180907220637j:plain
【位置情報:34.8508444,136.4055944

今回の道程では、東海道の宿跡地はいくつか通りましたが、私の中では間違いなく一番見ていて楽しかったです。

町全体として関宿という世界観が出来上がっていて、とてもいい雰囲気です。
f:id:parbone:20180907220849j:plain
【位置情報:34.8524583,136.3941333

嬉しいことに、関宿では無料の休憩所が設けられています。
f:id:parbone:20180907220943j:plain
【位置情報:34.8555333,136.3830861

特別この辺りの行程がシンドイわけではないのですが、何となく休憩したくなっちゃいますね。

中は古民家みたいなかんじ。
f:id:parbone:20180907221219j:plain

畳の上に上がることができます。

また、土間においてあるベンチ横にはコンセントもばっちり完備。

夜は閉められちゃうのかしら。

一泊できそうな感じがしたんですがどうなんでしょう?

 

・・・

 

少し一息ついて休憩所を出ると、自動車に乗ってる現地のオッちゃんからクイズ集?をもらいました。

「馬がもの言うた」ってなんぞや?
f:id:parbone:20180907221656j:plain

地域振興の一環なのか、オッちゃん曰く旅行者を見かけると渡しているようです。

後半クイズじゃ無くね?と思いながらとりあえずポケットにしまっておきました。

これを読んでいる方もぜひ、関宿辺りをウロウロしてこのクイズをもらってください!

 

大和街道を通り奈良県へ!...のつもりが

関宿から奈良県へ向かうには、近くの大和街道を走れば直ぐです。

「こりゃ日付変わる前に大阪着くな~」なんて思っていたのですが、そううまいこと行かず...

大和街道、なんと当日は工事のため通行不可

しかも回りには自転車で行けそうな迂回路が見つからず、滋賀方面を大きく回って奈良へ向かうことになりました。

30㎞は増えた、ほんとに気が狂うかと思いました。

 

・・・

 

しかたないので、また東海道に乗り滋賀県へ向かいます。

この辺りは、どうやら鈴鹿峠というようで、東海道では『東の箱根、西の鈴鹿』と謳われるほどの難所らしいです。

さて、Google Mapでは旧東海道のほうを進ませたいみたいなので、そちらへ。

山中、坂下宿跡地に出会いました。
f:id:parbone:20180907225256j:plain
【位置情報:34.8906472,136.3384389

こんな山の中にも宿があったのかぁ、と驚き。

数百年前に洪水で流されてしまったようですが、苔むした石垣に当時の名残を感じます。
f:id:parbone:20180907225539j:plain
f:id:parbone:20180907225556j:plain

いいっすなぁ。

廃墟なんかにロマンを感じる僕なので、ここも最高にツボでした。

坂下宿跡地を少し上ると、鳥居が見えました。
f:id:parbone:20180907225819j:plain
【位置情報:34.8910111,136.3371111

ここには『片山神社』があったようですが、本殿があるはずのところは空き地。

どうやら2002年に放火により焼失してしまったようです。

上からの景色。
f:id:parbone:20180907230425j:plain

本殿を見れないのは残念ですが、焼失したことも含めて坂下宿の空気感を作り上げており、魅力を感じてしまいます。

 

さよなら東海道

道は滋賀県に入ったところで、東海道を離脱となります。

3日間東海道さんには大変お世話になりました!

あざす!

さて、ここからは『鹿深の道』なるものを進みます。
f:id:parbone:20180910003227j:plain
f:id:parbone:20180910003200j:plain
【位置情報:34.8772167,136.2418972

この辺りはちょうど滋賀県甲賀町三重県伊賀市』が、ちょっとした山を挟んで隣接しています。

忍者の里だけあり歴史的な名所がたくさんあるようですし、小学生もチャンバラで遊ぶ土地柄。

すごく味のある田舎道で、大変気持ちよく走れました。

ちなみに、『甲賀』の発音は『こうか』のようです。

勉強になった!

 

よくはわからないが、何となく応援したくなる。
f:id:parbone:20180910225746j:plain
【位置情報:34.8262444,136.2149361


街灯のない山の中を走る

さて、呑気に過ごしていると時刻は21時前に。

すっかり夜も更け、街灯のない道を懐中電灯を咥えながら爆走します。

こんな感じ。
f:id:parbone:20180910230855j:plain
【位置情報:34.7587382,136.0753556

暗くてちょっと怖いんですが、めちゃくちゃ星空が奇麗。

そこまで深い山でもないので「満天の」とまではいきませんが、大阪や東京では拝めないような星空です。
(大阪の千早赤阪村や八王子なんかは多分見れるけど!)

私はもう数年星空を見てなかったので、星空を見る機会をくれた今回の旅に感謝。

もう大阪は目前。

奈良県も一気に超えて、早く実家のお布団で眠りたい!

 

ついに大阪に到着!!4日目のまとめ

時刻は午前4時を回ったころ、実家のある大阪府堺市に到着!

4日目の走行距離は最短距離で134㎞!

実際は大和街道を超えず大きく迂回したので、プラス30㎞程で160㎞、ということで!

ネットカフェを出発したのが9時45分ごろなので、出発からおよそ18時間ほど。

終盤の奈良が思った以上に道がややこしくて手間取った!

お尻が圧力鍋の中の牛肉みたいにホロホロになりかけていて危なかった~。

 

道中で感じたこと、終えてみての感想はまた別の記事にまとめておこう。

次は日本一周でもしようかな~。

 

ミニベロで東京から大阪まで行った!【3日目・愛知県~三重県】

私は今年、 6/13(水)~6/17(日)に東京~大阪間をミニベロで移動しました。

今回は3日目、愛知県から三重県までの道程を書いていきたいと思います。

今までの軌跡は以下を見てみてください!
ミニベロで東京から大阪まで行った!【1日目・東京都~静岡県】
ミニベロで東京から大阪まで行った!【2日目・静岡県~愛知県】

 

 3日目、ヘロヘロで出発!

朝7時ごろ、仕事へ行く友人を見送り私もペダルをこぎます!

3日目となると、筋肉痛はなくても足に疲労感を感じます。

そうも言ってられないので、東海道/国道1号線にはいり、そのまま三重県を目指します。

本日の目的地は四日市

 

...と意気揚々と出発したのですが、走り始めて直ぐに土砂降り!

たまらず道中にあった『ヤマサちくわ 音羽インター店』で休憩をとります。

そこで居合わせたオッちゃんと

「自転車で東京から大阪へ向かってるんですよ~」

なんて話をしていると、おもむろにオッちゃんが栄養ドリンクを渡してくれました!
f:id:parbone:20180905220514j:plain
【位置情報:34.867793,137.2945562

これぞ旅の醍醐味というか、旅を通じて見ず知らずの人とつながれたような、温かい気持ちになります。

もっと色々な人と、色々な形で出会えればさぞ楽しいだろうなぁ、なんて考えながらオッちゃんと別れました。

 

・・・

 

途中味のある道を通り、なにかと思うと『本宿』なる宿が。

f:id:parbone:20180905223054j:plain
【位置情報:34.8842,137.2655333

ほかの東海道の宿跡地と違い、この辺りは風情のある景色が見れます。
写真を撮らなかったことが悔やまれる。

また、後から知ることですが、この近くには新選組局長 近藤勇首塚があるようです。

いけばよかったな~。

 

四日市は住みよきところ

そんな景色も終わり、自転車は市街地を走ります。

途中で出会った『こっちだヨウ平』なる激ダサ看板を眺め

f:id:parbone:20180905224752j:plain
【位置情報:34.9567806,137.1640472

庄内川を超えしばらく道沿いを走ると
f:id:parbone:20180905225341j:plain
【位置情報:35.0929361,136.8433083

本日の目的地、四日市
f:id:parbone:20180905225452j:plain
【位置情報:35.0086472,136.6726222

 

四日市というと、高度経済成長期の『四日市ぜんそく』が知られていますが、やはり現在でも工場がたくさんありました。

完全にキリン。
f:id:parbone:20180906192011j:plain
【位置情報:35.0058111,136.6654194

四日市の街並みは、ちょうど夕方時だからでしょうか。

なにか味を感じるというか、惹きつけられるものがあります。

街中を走っていると、こんな景色に出会いました。
f:id:parbone:20180906193138j:plain
【位置情報:34.9795139,136.6377556

四日市、最高かよ。

本当に魅力的な町です。

 

・・・

 

上の写真を撮ってすぐ、ブレーキの利きを調整するためにブレーキレバー横のアジャスターをいじりました。

...やっちまった。両ブレーキが全く効かなくなった!

アジャスターが固くて動かなくなったので、100円ショップで工具を買い調整することにします。

現在地から一番近い100円ショップは、四日市駅前にありました!
f:id:parbone:20180906194355j:plain
【位置情報:34.9679333,136.6219639

時刻は19時45分くらいですが、やけに高校生が多いです。

この辺りは遊ぶところが駅前くらいしかないのかしら。

そんなこんなで、100円ショップで買ったペンチを使い、ブレーキの調整が完了しました。

 

さて、あとは寝るだけ!

近くのネカフェ『快活クラブ 四日市追分店』に入り本日は終了です!

 

3日目のまとめ

愛知県豊橋市から三重県四日市市まで、大体100㎞!

100㎞程度だと、何となく余裕をもって走れるようになってきました!

それにしても、愛知県は交通量が多いのに車道が狭いし歩道はガタガタだし。

本当に自転車乗りには地獄な県です。遺憾です!

それにくらべ、四日市は本当にいい街だったなぁ。

 

ミニベロで東京から大阪まで行った!【2日目・静岡県~愛知県】

私は今年、 6/13(水)~6/17(日)に東京~大阪間をミニベロで移動しました。

今回は2日目について書きます。

一日目の道程は、『ミニベロで東京から大阪で行った!【1日目・東京都~静岡県】』にまとめています。

 

たっぷり睡眠をとり、いざ高松へ!

10時前、遅めの出発をします。

現在地は御殿場市

昨日でかなり山を登ったので、あとは下りだけと高をくくり、目的地は『静岡県浜松市』にしました。

約145㎞の道のりです!
(と意気込んでいたのですが、途中で50㎞程友達の車に乗せてもらい、結局愛知県のはずれで一泊します)

 

・・・

 

流石に高地だけあり、かなり涼しく走れます。

ちょっとした市街地を抜けると、眼前に原っぱが広がりました。

鹿注意!
f:id:parbone:20180904120655j:plain
【位置情報:35.2771528,138.874925

この辺りは自衛隊の演習場のようです。
f:id:parbone:20180904120736j:plain
【位置情報:35.2744,138.8738722

こういった景色は夏だからこそ良いですね。

Google Mapでは1月の景色が見れますが、やはり緑が広がるのは最高です。

 

本格的な峠越えが始まる!

道中のコンビニで少し休憩。

この画像の左の道を進むと、本格的な峠越えになります。
f:id:parbone:20180904124541j:plain
【位置情報:35.2612139,138.86235

坂道がきつく、自身の脚力では漕いで進むことができません。

自転車を押して『尾崎豊』を熱唱しながらゆっくり行きます。

 

道中、富士登山道が見えパシャリ
f:id:parbone:20180904145746j:plain
【位置情報:35.2593278,138.8265083

死ぬまでに一度は富士山を登頂してみたいものです

 

そうこうしていると、どうやらいつの間にか裾野市に入ったようです。
f:id:parbone:20180904150708j:plain
【位置情報:35.2612889,138.8161611

見ての通り天気が悪くて、富士山は全く見えません。

今回静岡辺りはずっとこの天気で、結局富士山は一度も見えませんでした...

 

・・・

 

かなり山を登っていた時、友達から以下のLINEが
f:id:parbone:20180904151841p:plain
f:id:parbone:20180904151845p:plain
【位置情報:35.259782,138.813989

よくよく聞いてみると、こいつは自称静岡住みの愛知県民でしたが、とりあえず本日はお邪魔することにしました。

夜までに向こうへ着かなければ車で迎えに来てもらうことにし、先を急ぎます。
元々すべての道程を自転車で行くつもりだったので、できれば利用したくはなかったのですが。

 

そしてLINEが来た地点から少し進むと、道も下りになってきました。

登りがきつかった分、下りの気分は最高!

そして一気に山を下ると視界が開けました。
f:id:parbone:20180904155531j:plain
【位置情報:35.2079,138.7245167
富士市街!

山を超えてみると、辛かった気持ちも忘れて大きな爽快感を感じました!

これが峠の魅力か~。

 

東海道に合流!

この辺りから大体三重までは、東海道沿いに進むことになります。

昨日は初めて甲州街道をみてテンションが上がったものですが、東海道なんてみんな憧れですよね(ですよね)。
といっても、この辺りは東海道が自動車専用道と化しているので、うまいことつかず離れずで行きます。

そんなこんなで富士川を渡り
f:id:parbone:20180904165316j:plain
【位置情報:35.1283389,138.6331028

 この旅初めての海!
f:id:parbone:20180904182230j:plain
【位置情報:35.1111722,138.5752861

山も海も堪能できて、本当に贅沢な思いをさせてもらっている気分です。

やっぱり静岡の海は大阪より透き通っている気がしますね。

 

・・・

 

走っていると、エビのオブジェが目につきました。
f:id:parbone:20180904184126j:plain
【位置情報:35.0976972,138.5528722

このオブジェ、実は以下のブログで目にしていて存在は知っていました。
www.takeuchi.site

見ず知らずの人の旅と今の自分が繋がったような気持ちになり、なんとなく幸せになります。

途中めちゃくちゃ階段の急な神社があったので撮影。
f:id:parbone:20180904185219j:plain
【位置情報:35.0854556,138.5475

この辺りは本当に東海道なのかというくらいに道が狭く、わかりずらくなっています。

しかしやっぱり東海道、きちんと歴史を示す石碑が立っていました。
f:id:parbone:20180904185752j:plain
【位置情報:35.0809139,138.5471028

そしてここからは、東海道の三大難所として名高い薩った峠へ!

 

東海道一の絶景、薩埵峠!

辛すぎて写真を撮っていない!

今までの道程で最も急な坂道です。

左右にはみかん畑と、みかんを運ぶための農業用モノレールが走っています。

かなり朽ち果てていて、本当にみかんを収穫しているのか怪しいですが...

さて、ひいひい言いながら登り、やっと峠へ差し掛かりました。
f:id:parbone:20180904192316j:plain
f:id:parbone:20180904192224j:plain
f:id:parbone:20180904192233j:plain
【位置情報:35.0725778,138.5413667

晴れてればなお良しではありますが、やっぱり気分がいい!

峠を越えたところにトイレがあったので少し休憩。

f:id:parbone:20180904194535j:plain
【位置情報:35.0715361,138.5412139

一息ついたら、この画像の左側に散歩道があったので自転車を抱えて通ります。

峠を下るとよく見る住宅街の風景が広がり、現実に戻されたような感情になります。

東海道に戻ると、初めて宿というものに出会いました。
f:id:parbone:20180904202632j:plain
【位置情報:34.9500472,138.3380278

『丸子宿』という宿のようです。

この日は閉まっていましたが、飲食店をやっているようです。

 

今日中に浜松は無理!

気づけば夜になりました。

このままでは浜松到着は24時頃...

しかもナビ通りに走ると山の中に誘い込まれるので、別の道へ。

するとなぜか謎の茶畑に迷い込み、街灯もないし超怖いし...
f:id:parbone:20180904204415j:plain

そんな折前述の友達から連絡が来て、迎えに来てもらうことになりました!助かった!

ということで浜松市までの途中にある『袋井市役所』で落ち合い、友達の住む『愛知県豊橋市』にて一泊を取りました。

なんだか修学旅行みたいで楽しかったなぁ。

 

2日目の移動まとめ

快活クラブ御殿場店から静岡県袋井市役所まで、自転車で125㎞!

市役所からは友達の車に乗り、最終到着地点は愛知県豊橋市となりました!

今日は特に濃い一日だった。

富士/箱根峠を超え、海に癒されて、薩った峠も超えて、そして友達と語らい...

自分の足で移動する楽しさを体感しました!

残りは豊橋市から大阪府堺市まで、216㎞!

 

ミニベロで東京から大阪まで行った!【1日目・東京都~静岡県】

 

ブログ投稿、記念すべき1回目

 

これを知人が読むのかとおもうと少し恥ずかしい。

僕は今年の 6/13(水) ~ 6/17(日)、自分史上初の旅(?)となる東京 ~ 大阪間を自転車で走破しました。

そのときの行程や気持ちについて、記録も兼ねて写真とともにお伝えしたいと思います。

 

※注意
 ごめんなさい
『自転車で』と書いていますが、途中50kmほど友達の車に乗せてもらった箇所があります。
あまりストイックな旅ではないということで、軽い気持ちで見ていただければ とおもいます。


ちなみに大阪へ行く理由は、東京での仕事を辞め実家のある大阪府堺市へ戻るためです。 

つらかった東京暮らしよ、さらば!

 

東京 - 練馬駅前から出発!

出発の前日に大阪へ荷物を送り、当日の朝に退居確認をすませた!

 

朝マックで腹を満たし...

f:id:parbone:20180826215352j:plain

f:id:parbone:20180826215330j:plain
【位置情報:35.7373361,139.6542361

 

いざ大阪へ!

f:id:parbone:20180826215042j:plain

 

とりあえず西へ向かう!

練馬から南へ延びる環七通りから、聞きなれた文字が見えました。

甲州街道!!

f:id:parbone:20180826220703j:plain
【位置情報:35.6725,139.6607361

あの有名な甲州街道です。

テレビではよく聞いていましたが、まさか本物に出会うとは。

なぜかここでテンションが上がり、とりあえず甲州街道に乗り西へ向かうことにしました。

 

・・・

 

世田谷、三鷹、調布、武蔵野...

テレビで聞いたことのある地名がならんどる...

東京すげぇ、そして

東京田舎!

f:id:parbone:20180826223105j:plain
【位置情報:35.6533583,139.5037222

東京といえばトンデモなく都会というイメージだったのですが、多摩川沿いはびっくりするほどに自然満載。

すこしカルチャーショックです。

1年ほど練馬区に住んでいましたが、東京の西側なんて考えたこともありませんでした。

 

野猿街道を南下し神奈川県へ突入!

さて、そのまま甲州街道多摩川沿いを進むと少し北西に進んでしまうし、それに富士山の南側を超えたかったため、途中から道を外れます。

f:id:parbone:20180826225251j:plain
【位置情報:35.6517667,139.4375611

この辺りは川崎街道、野猿街道などがあるようで、こういう道を進んでいくのも楽しそうです。

また、『かっこいい駅名』で必ず名前が挙がる聖蹟桜ケ丘もこのあたりなんですね!

 

そのまま南下し、ついに神奈川県、相模原市へ突入しました!

f:id:parbone:20180826232801p:plain

このあたり、地図ではわかりませんが地味に山登りになっています。

完全にミスです。素直にGoogle Mapを利用すれば、こんな道通らなかったのに。。。

 

神奈川県に入ると、いきなり高層マンションが見えてきます。

f:id:parbone:20180826234243j:plain
【位置情報:35.5999611,139.3389889

周りが住宅街ですので、なおのこと目を引きます。

流石はベッドタウンといったところでしょうか。

 

神奈川県は歩道の舗装がしっかりしてて良き良き。

f:id:parbone:20180826234914j:plain
【位置情報:35.5237611,139.3612361

しかし道はまたまた山のほうへ向かいます。

厚木市伊勢原市を超える辺りはまたちょっとした山。

 

そして、この旅初めてのトンネルが眼前に。

f:id:parbone:20180826235817j:plain
【位置情報:35.3844639,139.2546528

歩道狭い。ビクビクしながら通ります。

 

そしてトンネルを超えると

f:id:parbone:20180827000523j:plain
【位置情報:35.3839944,139.2491

秦野市街じゃー!

初の峠?も見事超えたということで、もうクタクタです。

この時点で17時30分、スタートから7時間程度。

 

ここで練馬駅から現在地の最短経路での距離を見てみると、60㎞程度。

スタートから7時間で60㎞はちょっとやばい。多少の焦りを持ちつつ進みます。

 

日も暮れ、やっとのことで本日の目的地を決める

山ありの川などを眺めつつ、すっかりと日も暮れてきました。

時刻は20時手前のころ、JR『山北駅』のベンチで少し休憩します。

f:id:parbone:20180831210831j:plain
【位置情報:35.3630556,139.0753639

この時間には既に無人でしたが、降りる人はそこそこいるし、山北町は観光に力を入れているようで駅前も凄いきれいです。

山北町 - 神奈川県

f:id:parbone:20180831210843j:plain

 

ところで、実はここに到着するまで本日の目的地を決めていませんでした。

スタートから9時間程、富士/箱根峠を目前にかなり登りの気配が出てきてかなり疲労がヤバい状態。

なんとかキリのいいところまでということで、現在地から大体20㎞程の『御殿場市』を目的地としました。

f:id:parbone:20180831211547j:plain

 

ちなみに自転車と荷物も撮影。

これは後から気づくのですが、スタート時点のポジションはサドルが低くハンドルが高いためかなりシンドイ。
山道で初めてサドルを挙げたとき、漕ぎ出しが異様に軽くて感動しました。

f:id:parbone:20180831211731j:plain

 

・・・

 

 さて、ここから御殿場市までの道のりはビックリするほど登りです。

20㎞以上ずっと坂道で流石にちょっと泣きそうになりました。

が、気合で漕ぎます。

 

そしてついに

f:id:parbone:20180831213243j:plain
【位置情報:35.3384361,138.9406444

ついたぁぁぁああああああああ!

ほんきでゲボ吐くかと思いましたが、やっとこさです。

 

しかしこの時点で時刻は22時を回ったところ。

すぐに近くのネットカフェ『快活CLUB 御殿場店』に駆け込みシャワーを浴びました。

 

ほんと長かった...

 

1日目の移動まとめ

最短経路なら100㎞もないのですが、無駄に遠回りをしてしまい大きなタイムロス。

しかし、東京-大阪間で、一番シンドイであろう富士/箱根峠辺りを1日目である程度登ったのは、気持ち的に楽で良き。

 

 

残りは御殿場市-大阪間。最短経路で405㎞!!