JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

ミニベロで東京から大阪まで行った!【4日目/最終日・三重県~大阪府】

私は今年、 6/13(水)~6/17(日)に東京~大阪間をミニベロで移動しました!

今回は4日目、三重県から大阪府までの道程を書いていきたいと思います。

なお、正確には5日目の早朝3時ごろに到着したので、総移動日数は5日です。

今までの軌跡は以下を見てみてください!
ミニベロで東京から大阪まで行った!【1日目・東京都~静岡県】
ミニベロで東京から大阪まで行った!【2日目・静岡県~愛知県】
ミニベロで東京から大阪まで行った!【3日目・愛知県~三重県】

 

三重県は自然が大変良き

9時45分ごろ、旅人の家こと『快活クラブ』を後にして、自転車を走らせはじめます!

さて、現時点から目的地である大阪府堺市までは138㎞、京都までなら91㎞。

とりあえず大阪まで行くつもりで、体力的にヤバそうなら京都で一泊することにします。

 

滋賀県くらいまでは東海道沿いに走ればいいので楽!

自転車は鈴鹿市を超えて、『世界の亀山』で有名な亀山市に突入。

静かな道、奇麗な川。
f:id:parbone:20180907215310j:plain
【位置情報:34.85595,136.4173889

f:id:parbone:20180907215426j:plain
【位置情報:34.8556361,136.4152361

ただただ絶景です。

ペダルをこぐ力もなんだか湧いてきます。

 

東海道随一の名所、関宿!

途中で東海道一の見どころ(私選び)である『関宿』に到着~。
f:id:parbone:20180907220637j:plain
【位置情報:34.8508444,136.4055944

今回の道程では、東海道の宿跡地はいくつか通りましたが、私の中では間違いなく一番見ていて楽しかったです。

町全体として関宿という世界観が出来上がっていて、とてもいい雰囲気です。
f:id:parbone:20180907220849j:plain
【位置情報:34.8524583,136.3941333

嬉しいことに、関宿では無料の休憩所が設けられています。
f:id:parbone:20180907220943j:plain
【位置情報:34.8555333,136.3830861

特別この辺りの行程がシンドイわけではないのですが、何となく休憩したくなっちゃいますね。

中は古民家みたいなかんじ。
f:id:parbone:20180907221219j:plain

畳の上に上がることができます。

また、土間においてあるベンチ横にはコンセントもばっちり完備。

夜は閉められちゃうのかしら。

一泊できそうな感じがしたんですがどうなんでしょう?

 

・・・

 

少し一息ついて休憩所を出ると、自動車に乗ってる現地のオッちゃんからクイズ集?をもらいました。

「馬がもの言うた」ってなんぞや?
f:id:parbone:20180907221656j:plain

地域振興の一環なのか、オッちゃん曰く旅行者を見かけると渡しているようです。

後半クイズじゃ無くね?と思いながらとりあえずポケットにしまっておきました。

これを読んでいる方もぜひ、関宿辺りをウロウロしてこのクイズをもらってください!

 

大和街道を通り奈良県へ!...のつもりが

関宿から奈良県へ向かうには、近くの大和街道を走れば直ぐです。

「こりゃ日付変わる前に大阪着くな~」なんて思っていたのですが、そううまいこと行かず...

大和街道、なんと当日は工事のため通行不可

しかも回りには自転車で行けそうな迂回路が見つからず、滋賀方面を大きく回って奈良へ向かうことになりました。

30㎞は増えた、ほんとに気が狂うかと思いました。

 

・・・

 

しかたないので、また東海道に乗り滋賀県へ向かいます。

この辺りは、どうやら鈴鹿峠というようで、東海道では『東の箱根、西の鈴鹿』と謳われるほどの難所らしいです。

さて、Google Mapでは旧東海道のほうを進ませたいみたいなので、そちらへ。

山中、坂下宿跡地に出会いました。
f:id:parbone:20180907225256j:plain
【位置情報:34.8906472,136.3384389

こんな山の中にも宿があったのかぁ、と驚き。

数百年前に洪水で流されてしまったようですが、苔むした石垣に当時の名残を感じます。
f:id:parbone:20180907225539j:plain
f:id:parbone:20180907225556j:plain

いいっすなぁ。

廃墟なんかにロマンを感じる僕なので、ここも最高にツボでした。

坂下宿跡地を少し上ると、鳥居が見えました。
f:id:parbone:20180907225819j:plain
【位置情報:34.8910111,136.3371111

ここには『片山神社』があったようですが、本殿があるはずのところは空き地。

どうやら2002年に放火により焼失してしまったようです。

上からの景色。
f:id:parbone:20180907230425j:plain

本殿を見れないのは残念ですが、焼失したことも含めて坂下宿の空気感を作り上げており、魅力を感じてしまいます。

 

さよなら東海道

道は滋賀県に入ったところで、東海道を離脱となります。

3日間東海道さんには大変お世話になりました!

あざす!

さて、ここからは『鹿深の道』なるものを進みます。
f:id:parbone:20180910003227j:plain
f:id:parbone:20180910003200j:plain
【位置情報:34.8772167,136.2418972

この辺りはちょうど滋賀県甲賀町三重県伊賀市』が、ちょっとした山を挟んで隣接しています。

忍者の里だけあり歴史的な名所がたくさんあるようですし、小学生もチャンバラで遊ぶ土地柄。

すごく味のある田舎道で、大変気持ちよく走れました。

ちなみに、『甲賀』の発音は『こうか』のようです。

勉強になった!

 

よくはわからないが、何となく応援したくなる。
f:id:parbone:20180910225746j:plain
【位置情報:34.8262444,136.2149361


街灯のない山の中を走る

さて、呑気に過ごしていると時刻は21時前に。

すっかり夜も更け、街灯のない道を懐中電灯を咥えながら爆走します。

こんな感じ。
f:id:parbone:20180910230855j:plain
【位置情報:34.7587382,136.0753556

暗くてちょっと怖いんですが、めちゃくちゃ星空が奇麗。

そこまで深い山でもないので「満天の」とまではいきませんが、大阪や東京では拝めないような星空です。
(大阪の千早赤阪村や八王子なんかは多分見れるけど!)

私はもう数年星空を見てなかったので、星空を見る機会をくれた今回の旅に感謝。

もう大阪は目前。

奈良県も一気に超えて、早く実家のお布団で眠りたい!

 

ついに大阪に到着!!4日目のまとめ

時刻は午前4時を回ったころ、実家のある大阪府堺市に到着!

4日目の走行距離は最短距離で134㎞!

実際は大和街道を超えず大きく迂回したので、プラス30㎞程で160㎞、ということで!

ネットカフェを出発したのが9時45分ごろなので、出発からおよそ18時間ほど。

終盤の奈良が思った以上に道がややこしくて手間取った!

お尻が圧力鍋の中の牛肉みたいにホロホロになりかけていて危なかった~。

 

道中で感じたこと、終えてみての感想はまた別の記事にまとめておこう。

次は日本一周でもしようかな~。