JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

ミニベロで日本一周!:20日目(北海道函館市)

ミニベロ日本一周、20日目は函館市観光!

昨日泊めていただいた方に色々と函館の見どころ、穴場を教えていただいた。

 

朝は『函館 蔦屋書店』へ!

写真は撮ってないけど、かなり綺麗で品揃えもいい!

こりゃ一日楽しめるわ。

こちらのお店で、この前から探していた吉田正仁の『リヤカー引いて世界の果てまで: 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅』も発見。

購入しておいた。

 

さて、蔦屋書店を後にして向かったのは『海鮮居酒屋 HAKOYA』。

こちらの日替わり海鮮丼(時価)が美味しくて安いとのこと。

着いたのは11時半ちょい前くらいで既に行列。

しかし間も無く開店となり直ぐに座れた。

今日の海鮮丼は2種類あり、自分は「中トロ・赤身・エビ・サーモン」の海鮮丼を頼んだ。

f:id:parbone:20181021003516j:image

一人前600円、写真のものはご飯大盛りで700円。

これ、めちゃくちゃ美味い。

大阪で食う海鮮丼とは比べ物にならん。

赤身、中トロもやっぱり美味いけど、驚いたのはエビとサーモン。

サーモンは臭くてあまり好きじゃなかったけど、こちらのは魚臭さが少なくてモリモリ食べれる。

エビはプリプリで甘くて美味い。

これが北海道クオリティか、と驚愕した。

他の店なら1200円以上しても普通なレベル。

 

腹ごしらえを済まし、次に向かうのは『HAKOYA』の直ぐ隣にある『五稜郭跡』!

こちらは五稜郭タワー

f:id:parbone:20181021075908j:image

有料のため今回は入らず。

 

五稜郭跡の入り口。

f:id:parbone:20181021082049j:image

五稜郭跡は元々「箱館奉行所」があった所。


f:id:parbone:20181021082051j:image

f:id:parbone:20181021082323j:image

一部が復元され、そこ以外は右の画像のように間取りだけを表すようになってる。

なんの部屋か見比べながら間取りを見るのがなかなか面白い。

 

五稜郭には立派な土塁があり、そこに登ると気持ちよくて最高!

f:id:parbone:20181021090321j:image

紅葉には少し早いけど、綺麗な芝生が茂ってて心地いい。

隣にこれまた綺麗な建物『函館市中央図書館』があるので、

そこで本を借りてここに座って読むのもなかなかオツかも知らん。

 

次に向かったのは函館市街の『シエスタ・ハコダテ』。

大きくてお洒落な無印良品があったりして、見るだけでも楽しめる。

f:id:parbone:20181021091152j:image

ここには箱館出身のアーティスト、GLAYレリーフが置いてあった。

それにしてもな、函館は美人が多い!

函館は美人が多い!!!

函館に来てからずっと思ってたけど、シエスタ・ハコダテのフリースペースにいる女の子たちが全員可愛くてビックリした。

秋田なんか目じゃないかも。

秋田は残念ながらお婆ちゃんしか観れてないし。

可愛いは正義。

空から女の子降ってこねぇかなぁ。

 

さて、ここから少し自転車をかっ飛ばし『湯の川温泉』近くにある足湯へ。

f:id:parbone:20181021091706j:image

気軽に話しかけてくれたオッチャンと楽しく会話しつつ足湯を堪能。

加温されているためこの時期でもしっかり温かい。

 

足湯で温まったらやっぱりアイスやー!

函館で有名なカフェ『コーヒールームきくち』さんへ。

f:id:parbone:20181021112139j:image

ネット上では有名な、北海道ローカルの番組「水曜どうでしょう」でも出てきたこのソフトクリーム。

意外に函館では有名なお店のよう。

ジェラート風で美味い。

 

そのあとは湯の川温泉街を走り海沿いから函館山方面へ。

そこから、お値打ち価格でクレープが食べられる『月の雨』さんに寄ってクレープを食べた。

f:id:parbone:20181021184810j:image

ここのクレープ安くて美味い。

 

函館は路面電車が走ってるんやけど、中でも一際レトロな車輌が。

聞くところによると、天気のいい日しか見れないらしい。

f:id:parbone:20181021185426j:image

レアや。

函館市街のど真ん中を路面電車が走る感じ、素敵やん。

 

それからは情緒ある函館の街並みを眺めつつ、金森赤レンガ倉庫なんかも見て。

f:id:parbone:20181021185950j:image

 

さて、本日最後は函館山登山!

夕焼け〜夜景を堪能するために徒歩で頂上まで登る!

とその前に、麓にある建物もかなり魅力で一見の価値あり。

f:id:parbone:20181021191637j:image

こちらの建物、黄色の塗装がされているんやけど、夕方やと影になって少し残念。

分からんけど、朝日を浴びたらこの塗装が金色に輝くんじゃないかと思う。

見てみたいなぁ。

f:id:parbone:20181021191652j:image

こちらは日本らしからぬガッツリ教会。

クリスマスには聖歌が聞こえてくるんやとか。

まさにホームアローンの世界観。

是非見てみたいもんや。

 

函館山は334メートル。

徒歩でも登れる高さで、かつ登山道もなかなか歩きやすい。

道中は北海道ではメジャーらしい「雪虫」が沢山飛んでる。

こいつが結構魅力的。

f:id:parbone:20181021192617j:image

綿のような白いのを持ってて、フワフワ雪のように飛んでる。

調べてみるとなかなか可哀想な虫やけど、なんとも可愛らしくて好きやなぁ。

北海道ではこいつが出ると初雪が近いらしい。

情緒があってええね。

 

大体頂上までは45~60分くらい掛かったか?

いい疲労感で登りきれる。

肝心の頂上からの景色が本当に綺麗。

夕焼け〜夜景への移り変わりは本当にずっと飽きずに見てられた。

夕日に照らされる函館市

f:id:parbone:20181021193251j:image

陽が沈み徐々に街に光が見えてくる

f:id:parbone:20181021194048j:image

夜が深くなる

f:id:parbone:20181021193929j:image

もっと深くなると、街は一気に輝きだす

f:id:parbone:20181021193616j:image

まるで空から星が浮き出てくるような感じや。

夕暮れからそこそこの時間見てたけど、ホンマに引き込まれる。

見に行く人は、是非黄昏時から眺めて欲しい。

 

また、頂上からバスで降りる時の夜景もホンマにオススメ。

バスからの夜景は少し見え方が違って、なんというかアンドロメダ銀河の断面とか、あるいは別の生命体が住む星の街並みみたいに見えた。

頂上で見るよりもっと立体的で物凄く面白い。

ちなみにバスの車内も夜景を見やすいように?電気を消してくれる。

函館山、マジでよかったなぁ。

 

そのあとは函館名物且つ全国的にも有名なハンバーガーチェーン『ラッキーピエロ』!

地味に憧れで行ってみたかったのよね。

f:id:parbone:20181021200148j:image

ハンバーガーショップでオムライス頼むやつ。

それにしても大きい!

横に置いてあるセコマのカードで、なんとなく大きさを察して欲しい。

デカくて安くて美味い!

ラッピ最高や!最高やぁあ!

 

そんな感じの函館観光をした一日。

函館の魅力を味わい尽くした。

心底いい街やな、函館。

昨日姫路から函館に移り住んだ人に会ったけど、今日一日でその人の気持ちが分かった気がする。

 

函館を出れば、しばらくは大きな街に出会えない。

泊めていただいてる方と入念にルートを確認して、気合いはバッチリや。

ついに明日からは旅の再開、ウキウキしつつ就寝する。