JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

ミニベロで日本一周!:24日目(北海道檜山郡上ノ国町-久遠郡せたな町)

 

今日も朝から歩き。

もう開き直って、パンクしたまま自転車を漕ぐ。

f:id:parbone:20181024175711j:image

遠くに見える江差町

 

大体1時間位進んでいると江差町に到着した。

現地の人に聞いてみると、江差町には2つの自転車屋があるらしい。

どっち道現在時間は8時半位。

10時位まで江差町の観光することにする。

 

江差町には伝統の「江差追分」なるものがあるらしく、江刺追分会館で1日3回公演を見れるらしいので向かった。

f:id:parbone:20181024180238j:image

入場料金は大人1人500円。

江差追分は見たいけど、展示物とかは面白くなさそうやのに500円は高いやろ。

入場せず。

 

次に向かったのは『海の駅 開陽丸』なる施設。

f:id:parbone:20181024180718j:image

江差町周辺で座礁して沈んだ軍艦「開陽丸」の記念館みたいなやつがある。


f:id:parbone:20181024180756j:image

f:id:parbone:20181024180753j:image

この開陽丸を模した船の中に記念館がある。

入場は500円。ここも結局入らず。

 

次に見るのは、江差町内にある「いにしえ街道」という通り。

名前の通り昔ながらの街並みを再現した感じの道。

f:id:parbone:20181024181056j:image

でも正直ここもイマイチ。

建物自体古くないものが多く、形だけを昔ながらの家屋風にしてるというのが一点。

それに、普通の現代的な建物も一緒に並んでるので、どうにも統一感に欠ける。

例えば、東海道五十三次の宿の1つ「関宿」なんかの街づくりをを見習ってほしい。

 

ただ、江差町自体がちょっとした丘に沿ってできているため、

f:id:parbone:20181024181517j:image

こんな感じの地形や、丘の上のほうにある商店街の並びなんかは映える。

それと、いにしえ街道にあるパン屋『Becky』は美味かった。

f:id:parbone:20181024181723j:image

おすすめや。

 

江差町にある自転車屋は、2件ともこの街道沿いにある。

片方の『岩崎商会』は現在休業中。

電話をしたら店の中の商品を見せていただけたけど、ちょうど自分の自転車に合うタイヤはなし。

結局、もう片方の『本間自転車商会』さんで対応していただいた。

走ってみても今のところ問題無し!

大きな街に出たら予備のチューブ買っとかんとな。

 

さて、自転車がマトモに走れるようになったので、早速海沿いを進むことに。

途中、『道の駅 江差』で水汲み。

f:id:parbone:20181024182711j:image

ふらっと立ち寄ったけど、どうやら日本一小さい道の駅らしい。

f:id:parbone:20181024182749j:image

駅の敷地内には「繁次郎」なる地域の名物おじいちゃんみたいなのを紹介してるやつが。

誰やこれ。

 

そのまま海沿いを走っていると、何か先の方に白い壁が見えてきた。

何故かこのトンネルを前にしたとき、ものすごい圧倒された。

でも東洋のグランドキャニオンは言い過ぎちゃうか?

 

道中でちょっと面白い写真が撮れた。

f:id:parbone:20181024183204j:image

なんやか海面に光の道ができてるみたいな感じ。

結構お気に入りや。

それとこれも。

f:id:parbone:20181024183502j:image

投げ過ぎやろ!

『家族』

ゆうとる場合ちゃうでこれは。

 

そんなことを言いつつ、すっかり日の暮れた5時30分ごろ、目的地に到着。

風呂に入りたい。

 

さて、明日は10キロほど走った先にある『太田神社』が1日の目玉。

天気も良さそうやし、楽しみやな〜。