JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

ミニベロで日本一周!:25日目(北海道久遠郡せたな町-瀬棚郡今金町)

小話

「せたな町」は久遠郡やのに、「今金町」は瀬棚郡なんか。

変わってるなぁ。

 

昨日は数日ぶりのテント泊。

『道の駅 てっくいらんど大成』のど真ん前。

f:id:parbone:20181025195813j:image

この自転車の横の草むらにテントを設営した。

もちろんこんな所にテントを張っていいわけがないんで、少し早起きして7時までに片さんといかん。

 

まず向かうのは、本日のメイン『太田神社』参拝。

山の上にある神社で、到着までの道の険しさからよくテレビでも紹介される。

神社は道道740号線沿いにあるので国道からそちらに入り意気揚々と進む。

ある程度進んだところで、先ほど俺の横を通り過ぎたバイカーが戻ってきた。

どうやらこの先にある『太田トンネル』が通行止めらしい。

自分にそれを伝えるために、わざわざ通行止めのところの写真まで撮って来てくれたみたい。

優しい人やなぁ。

 

神社は太田トンネルのギリギリ手前なので何とか行ける。

ちょっとテンション下がりつつ、数キロ進んだところでやっと到着。

最初に見える階段が既に壁。

ワクワクすんべ。

 

道中はこんな感じ。


f:id:parbone:20181025202220j:image

f:id:parbone:20181025202255j:image

画像やとイマイチ坂の角度なんかが伝わらんなぁ。

ただこの画像は最初の方の道やから比較的傾斜は緩やか。

 

神社までの道程の真ん中あたりにハシゴがあり

f:id:parbone:20181025212143j:image

それを登るとこんなものが。

f:id:parbone:20181025212303j:image

一瞬ここがゴールなのかと思ってビックリした。

どうやら違うらしい。

 

登るにつれて道がどんどん険しくなってく。

f:id:parbone:20181025212441j:image

それに伴って地面の石も増えていくから、2人以上で一緒に登るときは落石に注意。

 

鳥居まで来たら頂上はもうすぐ。

金属製のボロっちい橋を渡り(今にも底が抜けそうで、おまけに手すりの針金が手に刺さる)

f:id:parbone:20181025203345j:image

ほとんど垂直の崖を錆びた鎖で登ると

f:id:parbone:20181025212655j:image

到着!

これ「本殿」って書いてるけど、おそらく正しいのは「拝殿」や。失礼。

思ったよりかはしんどくなかった!

そして頂上からの景色が最高!

 

降りるのは上りよりも大変。

かなり足に負担が来るし、前向きに降りるのは怖い。

とんでもなく傾斜がやばいところは、ロープをしっかり持って後ろ向きに降りるので、手にもかなり負担が来る。

手袋つけて上ったほうが吉。

 

さて、山を降りたら昨日泊まった道の駅あたりまで戻り、国道229号線へ。

ここからせたな町中心地まで山道を進む。

それにしても、最近木々が一気に色づいてきてる。

数日間海沿いやったから気が付かんかった。

多分紅葉なんて、ほんまは全国どこで見ても変わらんとは思うけど、今の自分には北海道の紅葉がベスト。

太陽の光が当たると、山が凄い鮮やかで美しい。

名所でも何でもないただの山の紅葉やけど、なんか心動かされるわ。

 

なんとか峠も越えて、せたな町の中心街に到着。

見つけたセコマで少し休憩して、この先の道について考えた。

f:id:parbone:20181025212752j:image

ここ。

とりあえず前提としてニセコエリアは通る。

そのために、「寿都」方面を行くか「長万部」方面から行くか。

30分ほど考えて、結局長万部方面からニセコへ向かうことにした。

寿都方面の道は、街もろくにないし見所もなさそうやから。

 

本日の宿泊は今金町にあるバス待合所。

今金町はなかなか泊まれそうなところがなくて、セコマの店員さんに待合所のあるバス停を聞いて辿り着いた。

f:id:parbone:20181025211254j:image

予報外れの雨に打たれて泣き出しそうになりながら、大急ぎで駆け込んだ。

おそらく今金町で待合所があるのはここだけか。

助かったわ、サンキューセコマの可愛い店員さん。

 

最近はなかなか風呂に入れなくて(向かう銭湯や温泉がみんな定休日)、なかなかスパイシーな臭いがするようになってきた。

明日こそ風呂に入れますように。