JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

ここ日本?自転車でオロロンライン!【ミニベロ日本一周:38日目 北海道中川町~稚内市】

最近ブログを書くのが楽しくなってきたな〜。

本日はwi-fiがないのでスマホでの更新。

 

めっちゃ寒い😨

昨日は中川町にある『道の駅 なかがわ』の休憩所にて一泊。

朝方は-5度まで冷え込んだみたいで、今までの「寒い」は寒くなかったことを実感。

 

朝飯は袋麺を2人前。

f:id:parbone:20181107195548j:image

カロリー、塩分、水分をカバーするパーフェクト食品や!

 

さて、本日はオロロンラインに合流して稚内市を目指す!

オロロンラインとは、留萌市から稚内市までの日本海沿いにある道路の俗称で、

イカーの聖地とも言われる全国的に有名な道路。

生きてるうちに一度は通りたい道や〜。

 

中川町から国道40号を走って道道に逸れる。

西に自転車を進めると、天塩町に入る。

f:id:parbone:20181107195602j:image

でもここからが本番!

傾斜7%の山を越えて

f:id:parbone:20181107195614j:image

牛を横目に

f:id:parbone:20181107195625j:image

すべての牛の視線が俺に注がれている。

見えんくなるまでずっとこっち見てるし。

可愛いかよ!

 

天塩市街到着!

市街に入りすぐ、セコマでチョコレートを2枚購入。

f:id:parbone:20181107195718j:image

なんせ次のコンビニまで40-50キロはある。

緊急用にチョコっと食料持っとかんとな。

それと、近くのホームセンターで防寒具も追加購入。

日本海側の道は寒いらしいし。

 

念願のオロロンラインへ!

さぁ、天塩町を後についにオロロンラインへ合流する!

f:id:parbone:20181107195810j:image

あれ?思ってたんと違うぞ。

海も何も見えん。

地平線どこいった?

 

しかし先を進んでいくとそれっぽい雰囲気になってきた!

オロロン!オロロン!

f:id:parbone:20181107195824j:image

オロローーン!

f:id:parbone:20181107195839j:image

オロロロローーーーーン!

f:id:parbone:20181107195851j:image

 

右手にはサロベツ原野。

左手には利尻富士こと利尻山

そして青空をバックに風力発電が28基並ぶここは、まぎれもない。

オロロンラインや!

この感動、誰かに伝われ!

 

晴れてよかった。

最高の景色。

そしてこの道の先に、日本最北端の地『宗谷岬』がある。

そのバックグラウンドまで最高かよ。

 

イカー夢の道、チャリダー地獄の道

15分ほどプチ撮影会を開いたら先に進む。

 

途中北緯45度線上を示すモニュメントが。

f:id:parbone:20181107195943j:image

「44度!45度!」つって跨ぐ遊びをしたいんやけど、一人ではどうも恥ずかしくて出来ない。

彼女が出来たらやろう。

 

トンネルかと思ったらシェルター。

f:id:parbone:20181107195954j:image

この辺りは冬になると吹雪で前も見れない状況になるとか。

夏ならここで一泊する旅人の姿が見れるかもなぁ。

 

10キロも走ると、本格的なサロベツ原野が見れるように。

f:id:parbone:20181107200021j:image

なんもない、景色も変わらない。

冷たい向かい風が止むことなく吹く。

いやぁ、シンドイ😞

 

お、町が見えてきた!

f:id:parbone:20181107200034j:image

廃墟群やんけ!

f:id:parbone:20181107200058j:image

『稚咲内(わかさかない)』なる地域らしいが、どうも人は住んでなさそう。

なんか店はないかと思ってんけど、残念。

 

そこを過ぎると、また荒涼とした原野の中を進む。

稚内市突入!

f:id:parbone:20181107200121j:image

もうすでに体力がかなりキテる。

普通に町や山を走るよりよっぽど疲れるねんけど、なんでやろうか?

 

オロロンラインの攻略法

あいも変わらず原野。


f:id:parbone:20181107200155j:image

f:id:parbone:20181107200201j:image

この頃から、熱唱しながら自転車を漕ぐようになった。

周りには誰もいない!

こりゃええわ、オロロンラインの攻略法見つけたぞオラァ!

 

天塩町からオロロンライン入ってよかった。

留萌からオロロってたら精神壊したかも。

 

迫り来る利尻富士と日没

遠かった利尻山が徐々に近づいてくる。

f:id:parbone:20181107200233j:image

ホンマに心底美しい山や。

麓に住んでる人は利尻山をどう思ってるんやろうか。

 

さらに日が沈む。

f:id:parbone:20181107200309j:image

太陽と雲が必死に利尻山を引き立ててる。

どこのスポットで見るよりも、俺が今ここで見ている利尻山が一番きれいなんちゃうやろか?と思いたくなる。

好きやなぁ、利尻山

 

抜海に到着

日も沈んだ頃『抜海村』に到着。

f:id:parbone:20181107200416j:image

アホほど寂しい景色。

 

どこか寝る場所はないかしら?

と思って探すと、村のはずれに『JR 抜海駅』があるので、今日はそこで一泊。

駅舎。


f:id:parbone:20181107200440j:image

f:id:parbone:20181107200437j:image

木造でなかなかいい雰囲気。

どうやら「日本最北端の無人駅」で、テレビにも出たことがある知る人ぞ知る駅らしい。

平日の平均乗降人数は1.4人、なんじゃそら。

 

近くには民家も2,3件ほどであとは草。

仕方ないので晩飯はありものだけ。

f:id:parbone:20181107200507j:image

魚肉ソーセージ2本に黒糖。

チョコは自転車に乗りながら早々に食べてしまった。

アホか。

 

本日の寝床

前述の通り『JR 抜海駅』の中で。

駅舎内やのに寒い!

あとトイレがボットン便所!

初めて見たわ。

始発には気をつけないと。

f:id:parbone:20181107200545j:image

始発までに起きれる気がしないんですが。

 

JRさん、寝ている俺を見つけても警察だけは勘弁してください。

どうか、どうか。

おやすみなさい。

当記事は駅内での宿泊を助長、推奨するものではありません。

またJRは宿泊者に対し、立ち退き指示や警察への通報を行う場合があります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村