JIBUN JOURNEY

旅や色々好きなことについて書いています。

風情ある馬籠とか妻籠とか【ミニベロ日本一周:岐阜県中津川市-長野県南木曽町】

ミニベロ日本一周、86日目

今日も今日とて中山道

中山道の中でも特に人気のエリアを通る

 

 

中津川市の河川敷から

本日も6時前に元気な朝を迎える

f:id:parbone:20190318201009j:image

それにしても、内陸部はホンマにアホほど寒い

3月中頃の出発もあったから、春仕様の装備しかもってなくて夜の冷え込みに耐えられへん

 

このテントの霜よ

f:id:parbone:20190318201041j:image

自転車に掛けてる洗った靴下も凍ってるし、北海道を思い出すなぁ・・・

 

中山道  木曽路

中津川市街から県道7号線へ入り、本格的な山登り&中山道体験がスタート

まず出迎えたのはでっかい橋

f:id:parbone:20190318201059j:image

なかなかしんどい山道を超える

f:id:parbone:20190318201114j:image

 

道中、山道の脇にお墓らしきものを発見

f:id:parbone:20190318201127j:image

どうやらコイツ、法華塔(ほっけとう)なるものらしい

以下、脇にあった説明書きの一部抜粋

塔の前の河原は、「賽の河原」と呼ばれ、(中略)江戸時代の刑場であった 。

法華塔(一八二〇年建立)は、刑場の露と消えた人々の魂を慰めるための供養塔だろうか。

(以下略)

 とのこと。

供養塔だろうか。」とか聞かれても知らんわ、て感じやけどね

この法華塔の向かう先には、斬首にお誂え向きの河原があった

f:id:parbone:20190318201237j:image

たった200年前に、あそこで首を切られた人がおるんか

南無、安らかに眠ってください

 

中山道トップの町並み『馬籠宿』

山をある程度上り、見晴らしが良くなってきた

f:id:parbone:20190318201325j:image

 

えっちらおっちら押し進むと、どうやら本日のメイン『馬籠宿』についたらしい

f:id:parbone:20190318201345j:image

山の斜面に沿って作られた宿場で、文豪『島崎藤村』の生まれ故郷らしい

島崎藤村が誰かは存じあげへんけど、中山道ではその名をよく目にする

多分凄い人

 

坂の最下から見上げる

f:id:parbone:20190318201445j:image

角を曲がる

f:id:parbone:20190318201510j:image

側溝には絶えず水が流れてて、それを利用した大きな水車があった

f:id:parbone:20190318201527j:image

 

水車のある角を曲がると、一気に町並みに江戸感が増していく

f:id:parbone:20190318201548j:image

せっかくなので記念撮影

f:id:parbone:20190318201625j:image

道行くおばあちゃん、撮影ありがとう

 

馬籠宿の魅力は、風情ある町並みにとどまらん

坂を登りきったところにある展望台からの景色がやんごとなき美しさ

f:id:parbone:20190318201653j:image

多分画像では良さが伝わらんけど、実際に180度のパノラマで山やら町やらを見てると良き良き

f:id:parbone:20190318201716j:image

10時過ぎると一気に観光客が増えちゃうから、その前に行くと閑静かつ美しい街並みが楽しめるかと・・・

 

いきなりの雪

馬籠宿をあとにして、次に向かうのは『妻籠宿』なる旧宿場町

こちらも馬籠と同様古い町並みが残る良き町らしい

 

途中、水車のある休憩所?で一服

f:id:parbone:20190318201744j:image

たまたま出会ったおじさんに貰ったリッツを食べつつ東屋で休憩してると、結構な勢いで雪が

f:id:parbone:20190318201759j:image

まさかこの時期に雪を見るとは思わんかった大阪っ子やけど、流石に内陸部はまだ降るか

止むまで待ってたら積もってきた

f:id:parbone:20190318201820j:image

これ以上積もる前に出発

 

途中また別の立派な東屋で休憩をいれる

f:id:parbone:20190318201839j:image

ココで一泊したい・・・

 

なんとか雪を耐えつつ、『馬籠峠』に到着

f:id:parbone:20190318201852j:image

標高801メートルかぁ・・・

 

妻籠宿

雪で足元をビシャビシャにして、寒さに耐えつつ馬籠峠を下りきれば、やっとこさ『妻籠宿』に到着

f:id:parbone:20190318201905j:image

町内の景観は文句なしに良き

f:id:parbone:20190318201932j:image

馬籠宿は通り一本が風情あってよかったけど、妻籠宿はより規模が大きく、街全体が昔の雰囲気を残してる

 

脇にあるこういう景色やったり

f:id:parbone:20190318201951j:image

道中にいきなりよく分からんデカ岩があったり

f:id:parbone:20190318202005j:image

少し路地を覗けばこんなワクワクする空間が残ってたり

f:id:parbone:20190318202019j:image

路地の先、通りからは簡単に見えない部分までキチンと風情ある妻籠宿場町を作り上げていますなぁ

 

非常に、良い!

観光客が少なくて静かなのもええね

でも、逆に馬籠宿のほうが活気があって好きな人もおるやろね

 

妻籠城跡に寄り道

妻籠宿をあとにして少し進むと、『妻籠城跡』なるものに出会ったから寄ってみた

f:id:parbone:20190318202108j:image

頂上までは完全に山道

f:id:parbone:20190318202125j:image

石垣なんかはなくて、薄っすらとお堀やらが分かる程度

 

頂上には立派な東屋

f:id:parbone:20190318202200j:image

その前はちょっとした広場になってる

f:id:parbone:20190318202226j:image

城下の景色はなかなかのもの

f:id:parbone:20190318202241j:image

 

南木曽町

妻籠城から山を下ると、やっとこさマトモな町に出た

南木曽町』なる町で、まず最初に出迎えられたのはSL

f:id:parbone:20190318202303j:image

SL公園という名前らしく、文字通りSLの実機が展示されてる

一応登っても大丈夫みたいやから、機関室(であってるんかな)を見といた

f:id:parbone:20190318202320j:image

f:id:parbone:20190318202335j:image

SLの昇り降りは結構大変やね

 

こちらは南木曽町のシンボルっぽい雰囲気漂う『桃介橋』

f:id:parbone:20190318202400j:image

なにやら「木製の補剛トラスを持った吊橋としては云々・・・」と書いており、近代文化遺産とされているらしい

見た目はオシャンティー

f:id:parbone:20190318202426j:image

渡ってみた感じは、特に何もないかな

普通の橋、という感じ

見た目はオシャンティーやけどね

 

本日も終了

86日目は長野県南木曽町で終了

ココ数日50キロくらいしか走ってへんのに、太ももが少し筋肉痛気味

岐阜-長野とアップダウンが激しくて、予想以上に負荷がかかっているらしい

寒さと体調に気をつけて頑張りろかいな