JIBUN JOURNEY

プログラミングや旅など、色々好きなことについて書いています。

道後温泉でレトロ入浴【ミニベロ日本一周:愛媛県内子町-松山市】

2019516日木曜日

ミニベロ日本一周 118日目

今日はちょっと移動距離少なめ、松山市までの50キロ弱で終わる予定

f:id:parbone:20190518105543j:image

 

 

四国最大の城郭『松山城』へ

松山市までの道中はパンクやら峠超えやらさんざんで、14時頃にやっと松山市街に入った

f:id:parbone:20190518105603j:image

 

まずは、現存十二天守の一つで四国最大の城郭を持つ『松山城』へ向かう

お堀〜

f:id:parbone:20190518105614j:image

 

堀の内側にある三の丸跡は、もの凄く広大な広場になってる

四国最大とはよく言ったもんで、ホンマにめちゃくちゃ広い!

f:id:parbone:20190518105629j:image

これでもまだ広場の4分の1くらいやしね

早めに学校が終わった高校生が、広場の端で踊ったり座り込んでダベったりと、なんとも楽しそう

 

上記画像の後ろに見える山の頂上に、なんと松山城天守閣がある

「あれ登るん」って思っちゃうわな

 

ロープウェイもあるみたいやけど、今回は黒門口から徒歩で登城する

二の丸ちょっと過ぎる辺りまでは、地面も舗装がされていて歩きやすい

f:id:parbone:20190518105726j:image

 

絶景の『松山城』へ登城

さて、本格的な山道へ

 

途中までのキレイな道を思うと、あまりの落差に目眩がする

f:id:parbone:20190518105744j:image

本丸までの道中はカナーリしんどいので、登城前は覚悟が必要かも

 

やっとこさ天守前の広場へ到着!

f:id:parbone:20190518105814j:image

天守はちょっと地味目

f:id:parbone:20190518105825j:image

 

この広場からの展望がまた最高!

f:id:parbone:20190518105845j:image

f:id:parbone:20190518105908j:image

松山市は景観保護のために建築物に高さ制限が設定されている

そのため、町のどこからでも松山城が見えるし、松山城からどこでも見れる!

景色が良いお城と言えば仙台城(青葉城)やけど、松山城はそれ以上の展望!

こりゃー良いお城でした

(夜は閉められるから夜景が見れないのは残念)

 

日本最古『道後温泉 本館』で入浴

松山城を後に、2キロほど先の道後温泉方面へ走る

どうやら「松山に来たら松山城道後温泉はマスト!」らしい

 

それにしても、松山は四国の中でもカナリの都会やね

f:id:parbone:20190518110006j:image

調べてみると、香川県高松市愛媛県松山市は、共に四国を代表する都市としてライバル視し合ってるみたい

【高松 松山 都会】なんかで調べてみると、ネット上での両市民によるレスバトルが見れて面白い

 

さて、道後温泉の手前にある商店街に到着!

f:id:parbone:20190518110032j:image

いくつものお土産屋が並んでて面白いけど、規模は小さめで飲食店も少ない

 

そんで商店街を抜けると『道後温泉 本館』に到着!

f:id:parbone:20190518110044j:image

すげぇ、テレビで見たことあるやつや!

ここ道後温泉は、日本三古湯の一つで「日本最古の温泉」とも言われる名湯

その中でもこの本館は、公衆浴場として日本初の重要文化財指定を受けている

 

近くの駐輪場に自転車を止めて、さっそく入浴をば

f:id:parbone:20190518110105j:image

中は受付・脱衣所・大浴場があるだけのシンプル設計

脱衣所は特にレトロ感を感じるいい雰囲気!

 

しかしながら、良くも悪くも公衆浴場やから、とくに見所らしい見所はないかな

シャンプーや石鹸も有料やし

観光として道後温泉を楽しむなら、本館は眺めるだけにして、入浴は付近の『道後温泉 飛鳥乃湯』なんかに入った方が良いかもね

ちなみに、道後温泉の本館は現在2階以上が改修工事で入れないので注意!

 

終わり

そんな感じで本日も終了!

寝床は、道後温泉向かいにある『道後公園』の東屋にて

明日は四国ラスト、四国も案外いいとこやったなぁ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村